診療日誌

今月は見学実習生が15名来られます

 ただいま学校は春休み期間で、この時期は獣医学生や動物看護学生、トリマーの学生の職場見学や実習の申し込みがたくさんあります。数えてみると合計15名もの実習生がこの3月だけで当院に研修に来られます。

当院では様々な医療を展開しているため、学生さんにはそれぞれに見学したいポイントなどをヒヤリングし、それに合わせた実習プログラムを用意しています。

とある獣医学生は手術を、とある動物看護学生はリハビリと猫の専門診療を、それぞれ知りたい内容を重点的に解説しています。

ちなみに今日は大阪市内の動物看護専門学校より看護師の卵の学生さんが訪問してくれています。1日の診療を朝から夜まで見学していかれます。

 

うちでの体験や見学が、学生諸君の良い勉強になってくれればと思います♪

 

山本@来月は宮崎の動物病院に見学と手術参加を予定している獣医師

トリミング好きですか?

こんにちは!トリマー兼看護師のノグチです。

初投稿なので、最初ぐらいはトリマーっぽい事を書かせていただこうかと思います

 

皆さんのワンちゃんはトリミング、好きですか?

トリミング後、いい匂いになって可愛くカットされた我が子をみると、多くの飼い主の皆さんは嬉しく感じるのではないかと思います。

ただ、実際にトリミングを受けている犬たちはどうでしょうか?

 

トリミングの作業というのはそもそも、犬からすれば受け入れ難い作業ばかりだと思います。

耳掃除も、爪切りも、肛門腺絞りも、犬にとっては触られたくない場所ばかりです。

水が苦手な子はシャンプーも怖いです。

カットになると長時間じっと立っている事を要求されます。

目の前や口元ギリギリまで刃物が迫ってきます。

 

私の感覚では、トリミングに来てくれる子たちの大半は「我慢」してくれています。

中にはトリミングが怖くて怖くて、嫌で嫌で、我慢できずに怒っちゃう子もいます。

あるいは我慢できないけど、怖すぎてフリーズしてしまう子もいます。

 

個人的にはトリミングをこんな「我慢して受ける作業」ではなく、「好き!」とは言わないまでも「あ~今日もトリミング?はいはい大丈夫ですよ~」ぐらいに犬たちが思ってくれる作業にしたいな~と思って、日々犬たちと向き合っています。

私の技量ではまだまだ難しいんですけど…(^^;

頑張ります!

 

ノグチ@トリマー兼動物看護師

「隠れミッキー」ならぬ「隠れハート」を発見!

こんにちは。今日はいつも点滴通院を頑張っているきゅうちゃんの「隠れハート」をご紹介します。

 

 

 

 

頭の模様が特徴的なきゅうちゃんですが、耳を後ろに「キュッと」するとハートが浮かび上がるんです、と飼い主さんに教えて頂きました。

試しにきゅうちゃんの後ろで会話をしてみると・・・

写真だと少しわかりにくいですがハートが浮かび上がってきました。

これを見ることができた日は良いことがありそうですね。

木ノ下@獣医師

久々の再開

元看護師兼トリマーとして働いてくれていた、「佐治さん」に会ってきました♪

今は新しい職場で頑張っているそうで、とても元気でした(*^^*)

この日は、今月末にユニバーサルスタジオジャパンに行く計画を立てるために集まったのです!

名探偵コナンの脱出ゲームにセーラームーンにファイナルファンタジーと楽しみが満載です(^^♪

ただ、春休み真っ只中に行くので待ち時間が不安です…((+_+))

ちなみに、余談ですが…

当院の獣医師・木ノ下は大のミニオン好きなのです♡

モノマネもすごく上手なのでご興味のある方は声をかけてみてください(*^-^*)

きっとやってくれるはずです…

佐々木@動物看護師

 

記念日

こんにちは、動物看護師の谷澤と申します。

最近は少しずつ寒さも和らいできましたね(また寒くなるらしいですが…)。気温的に過ごしやすくなるまであと少し…と自分に励ます日々を送っています。

さて、ここからが本題です。私はSNSというのを今までしたことがなかったので、本当の意味でこれが初投稿ということになります。そこで私にとっての記念すべき第1号の話題ですが、2月22日の出来事を載せようと思います。

 

 

一昨日は、皆さんご存知のとおり“ねこの日”でした。なので、その日は家の猫に少し豪華なディナーをご馳走することにしました。

 

モンプチの缶詰の牛肉の和風角切り煮込みです。

 

私の家の子は缶詰の中でモンプチの食いつきが別格で、中でもお肉の味だと目をぎらつかせて飛んできます。この日もギラギラさせてご飯を待ち、食べ始めると一度も顔を上げることなく完食しました。

その後、満足そうに顔を洗っていました(笑)

※モンプチについてはあくまで個人の感想です(^O^)

谷澤@看護師

おもちくんとのお別れ(;_;)/~~~

少しずつ寒さが和らいできましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

春が近づいてきて嬉しい反面、別れの季節でもあります。当院の周辺は転入・転出が比較的多い地域なんです。

おもちくんも関東へお引越しが決まったとの事で最後のお別れに来てくれました。寂しいですね(;´Д`)

新しい土地でも今まで通りの元気なおもちくんで頑張ってください!またいつでも遊びに来てくださいね~

木ノ下@獣医師

パピーデンタルケア教室を始めました!

今年の2月からパピーのワンちゃんを対象にデンタルケア教室を始めました。

第1号のモモちゃんの様子をご紹介します。モモちゃんはある程度の歯磨きは出来ていますが更なるオーラルケアを求めて教室に参加してくれました。

 

 

 

苦手な切歯(前歯)の磨き方をがんばって練習しました!

次回は約1か月後です。成長を楽しみにしています。

当院では子犬、もしくは1歳前後のワンちゃんを対象にデンタルケア教室を開催しています。その子にあったプログラムを作成しますのでお気軽にお問合せ下さい。

木ノ下@獣医師

就職説明会に北海道まで行ってきました

先日の休診日に北海道の酪農学園大学まで就職説明会に行ってきました。

 

もう何度も訪れている大学ですが、毎回、1泊2日程度の日程で、せっかく北海道まで来ているのに滞在時間は24時間未満です。。

 

なんとか、回転寿しとジンギスカンにはありついて、ささっと帰阪となっています。

 

今回も学生さんに当院の理念やミッションをお伝えし、面談にて様々な取り組みなどについて説明してきました。

 

 

当院は今年で開業35年になりますが、今もなお来院される飼い主様と動物の数は増え続けています。

その要望に対応するためには人材確保は必須になります。

 

今、獣医系大学や看護系専門学校では全国的に就職説明会が盛んで、当院もいろいろなところに参加してリクルート活動を行っています。

 

数年後、皆さんの前に現れる獣医師や動物看護師は、私や当院の幹部スタッフが全国でスカウトしてくる若者たちかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山本@4月は宮崎・鹿児島・山口の各大学を訪問する予定の獣医師

鍼治療中の風景

 今日は鍼治療に通院されているチャッピーちゃんをご紹介したいと思います。

チャッピーちゃんは15歳のおじいちゃん犬で7年前から当院に通院されています。

 

この7年間はあらゆる病気と向き合ってきた日々でもありました。

生死をかけた手術を乗り越えたり、食欲不振や腹痛と闘ったりと数々の紆余曲折を経てチャッピーちゃんの今はあります。

最近では腎臓病で点滴をしたり、年齢と共に足腰が弱ってきたので鍼治療や漢方薬、生薬の入った食事を始めました。

するとそれまで食事の食い付きが悪く、何を食べさせたら食べてくれるのかわからなかったチャッピーちゃんが、よく食べるようになり元気も出てきたのです。鍼治療前には立ち上がることができなくなっていましたが、治療を始めた今では立ち上がりがスムーズになり、しっかり歩くことが出来るまでに後ろ足の状態は改善しています。

お散歩が大好きなチャッピーちゃんは最近小走りもするそうです♪

飼い主様に治療に対する感想をお聞きしたところ、『西洋医学はもちろん必要と考えながら、その中で自然治療の一つの選択肢として東洋医学を取り入れながら、一日でも長く愛犬と過ごせたら・・・と考えています』とお答えを頂きました。

チャッピーちゃんと飼い主様が笑顔で過ごせるよう、これからも微力ながらお手伝いさせて頂こうと思います。

池堂@獣医師

 

心肺蘇生の実習

先日、北摂夜間救急動物病院で3日間にわたって心肺蘇生の実習が行われました。

人の医療と同様にガイドラインがあるわけですが、このガイドラインの生みの親であるアメリカの獣医師が来日して直接手ほどきを受けれるまたとない機会で、当院から2名の獣医師が参加しました。

動物模型を相手に実際のマッサージ法を学んだり、様々なケースに応じた判断・選択など、濃密な勉強ができました。

 

当院の夜間救急対応は北摂夜間救急動物病院へ一任・連携を行っていますが、日中も急患の来院が時々あります。

救急救命対応は迅速な判断とチームワークが必要です。

今回学んだ内容に基づいて、当院のER対応をアップグレードしました。

もちろん、出番が無いに越したことはないのですがね。。

 

山本@欧米の教育は考えさせるようにプログラムされていることと実感した獣医師

2月3日のお話

遅くなりましたが、2月3日といえば節分でしたね!

みなさん豆まきはされたのでしょうか?

1年の無病息災を祈る行事ですので、特に厄年の方が撒くのがいいそうですよ☆

私も豆を購入しましたが、鬼の面がついていましたので

ウィルちゃんにモデルになってもらいました!

記念に♪

 

そして、節分とは関係ありませんが

この日はパピークラスの開催がありました!

ラブラドールのすみれちゃんと、ミックスの茶々丸ちゃんが来てくれました*^^*

  

体格が違っても上手にお付き合いできるように覚えてもらったり、

身体に触ることに慣れてもらったりと、

ご家族の方と一緒に楽しくお勉強してくれていました♪

次回は2/17開催予定ですので、参加ご希望の方はお問合せくださいね^^

 

丸山@動物看護師

乳歯遺残は歯周病への第一歩です”(-“”-)”

乳歯が成犬になっても残ってしまっている子は必見です!

通常、7ヶ月齢までには永久歯に生え変わります。しかし、色々な理由で永久歯への生え変わりがうまくいかず乳歯が残ってしまうことがあります。

今日はその1症例をご紹介します。

トイ・プードル、2歳11か月の男の子です。乳歯の生え変わる順番に異常があり成犬になってから永久歯が生えてきました。

その結果「二枚歯」の様になってしまい歯垢・歯石が溜まりやすくなってしまっています。

他の部位に比べ歯肉炎もひどくこのまま放置すると歯周病になってしまうため乳歯の抜歯、歯石除去を全身麻酔下で行いました。

 

                                                                 

このように早期に処置を行うことが重要です。

今一度、愛犬のお口の中をチェックしてみてください(^^)

木ノ下@獣医師

セミナーからの手術

昨夜は都合が合えば必ず参加する月イチの外科の勉強会で、ちょうど講演内容についさっき手術を終えた前十字靭帯症が含まれていました。
 
何例も執刀してきた手術なので疾患の特徴や術式は頭に入っていますが、こうやって直前に復習してからの手術は、なにかと整理でがついて、スッキリした気持ちでにメスが握れます。
 
半月板損傷の処置で少し外来に立つのが手術で遅れてしまったのですが、内科で通っている飼い主様より「獣医さんは何でも診るから本当に凄い!」と、お待たせしたのにお褒めの言葉を頂きました。
 
実はこのお言葉、むかーしから良く言われますが、最近改めてこの言葉が結構嬉しかったりしています。僕のひとつの理想の獣医師像です。
 
また深い話は追々と♪
 
山本@たいていの病気と動物は診察する何でも屋さん


寒がりさんです(^^)

寒い日が続きますが、皆さん体調はお変わりありませんか?

ワンちゃん・ネコちゃんも寒がりな子は布団の中で丸まってなかなか出てこないという話を最近よく診察室でお聞きします。

ゴンちゃんもいつも寒い中頑張って通院してくれています。寒さ対策でいつもかわいい洋服を着て来てくれます。時にはスティッチにも変身します!

皆さん風邪などひかないようにお気をつけください。

木ノ下@獣医師

トリマー看護師の中西です

初めて投稿させていただきます。

ノア動物病院で働かせていただくようになったのは、2012年4月からなのでもうこの春でまる6年になります。

それまでは神戸の動物病院で約20年以上働いていました。

ノア動物病院では本当にたくさんの事を勉強させていただいて感謝感謝です!

私は最年長看護師なので若い看護師さんは皆娘のようです。(^^)

若い方々と一緒にお仕事することで私もたくさん助けてもらっていて、みんな明るく動物大好きなので、

来院してこられる動物たちの話を一緒にしたり、いつも笑いの多い職場で楽しくお仕事させていただいています。(^ー^)

 

話は変わりますが、最近の私の趣味は畑です。一昨年箕面の畑のすぐそばに引越しをしました。

縁あって自然農法ベースの自給農法を広めている方と知り合い、いろいろ教えていただきました。

自給農法とは、肥料や農薬を使わず、土もほとんど耕さず、自然に植物が育ちたいように育てる方法で、どれだけ手をかけずに人間のえさ場として畑を作っていくかを実践しています。

たくさんの農法がありますが、どれもそれぞれ特徴があり面白いです。いろんな農法を知れば知るほど、子育てに通じるところがあるなぁと三人の子育ての経験から思います。

畑歴はまだまだ新米ですが、これからも仲間と一緒に土と親しんでいきたいと思います。

おまけです。私の家族、ごんです。春で18歳になります。

前髪が特徴的な松尾です

こんにちは!寒い日が続きますが、皆様、体調を崩されていませんでしょうか?

早く春になってほしいな…と思う毎日です(春は春で、花粉が私を苦しめるのですが)。

 

皆様にお知らせです(^O^)

今年から、この診療日誌にスタッフ全員が登場することになりました!

1週間おきにスタッフが話題をお届けいたしますので、楽しみにしていてくださいね。

 

さて、トップバッターを務めることになりました、動物看護師の松尾と申します!

何か面白い話題を…と1週間悩んだのですが、初めての更新なので自己紹介をさせていただくことにしました。

 

1月で、動物看護師としてノア動物病院で働き始めて10ヶ月ほどが経ちました。

私は看護学校を卒業していないので、入社当初は右も左もわからないことばかりでした。

もうすぐ1年を迎えようとしていますが、まだまだ「?」なことがたくさんあり、その度に先輩方に教わることが多いです。

立派な動物看護師を目指し、ただいま勉強中です。

 

皆様は、和歌山県南紀白浜にある「アドベンチャーワールド」という動物園をご存知でしょうか。

私は、そこに併設された専門学校で動物飼育の勉強をしていました。

動物の生態や習性、ご飯の種類や量・与え方など本当に様々なことを学びました。

最終学年になると1年をかけて好きな動物を相手に研究ができるのですが、私が選んだパートナーはヒトコブラクダでした!

あのキュートな瞳と口元にすっかりメロメロになってしまい、1年間お世話を手伝わせていただいていました。

専門学校を卒業した今も、ラクダたちはいま何をしているんだろう…ご飯ちゃんと食べてるかな、と草にまみれたあの日々が恋しくなることがあります。

ラクダが好きだ!ラクダについて知りたい!と思う方は、お気軽に松尾まで(笑)

鳥取砂丘にて!

まだまだ寒い日が続きますので、お体にお気を付けください。

 

動物看護師 松尾

今年も大変お世話になりました

今年も皆様大変の世話になりました。

2017年はノア動物病院は開業35周年を迎え、様々なイベントは取り組みを行ってきました。ご参加いただいた皆様には楽しんで頂けましたでしょうか?

また、スタッフも増員をはかり、これまで以上に診療や薬浴でお待たせすることがないよう、現在も進めております。

 

来年はさらなる進化を遂げられるよう、スタッフ一同邁進していく所存です。

新年は1月3日からの診療開始です、皆様良いお年をお迎え下さい。

 

山本@お預かり・入院の動物たちのお世話で大晦日出勤の獣医師

足先の骨折も結構痛いんです、、、

先日、まだ1歳未満のイタリアングレーハウンドのワンちゃんが、公園を走り回っていたら突然、前足を痛がって地面に着かなくなったとのことで来院されました。

レントゲン撮影にて、中手骨と呼ばれる骨が骨折していることが分かりました。人間で言うと手の甲の部分の骨なんですが、ここは折れると結構痛いんです。。

 

中手骨の1本が折れただけで、外側の骨ならギブスのような「外固定」でも治療が望めますが、今回は内側の骨であったことと、骨折面が大幅にずれてしまっていたことを考慮し、手術による固定を行いました。

 

ただし悩ませるのが、この骨は小型犬の動物では直径3mm以下の非常に細い骨と言う点です。写真のようにピンが骨の中に埋没していますが、このピンの太さも1mm以下になります。

ピンの固定が完了したら、あとは金属製のプレートを足に添えて、やや大げさなのですが肘の手前まで固定をかけて終了となります。

 

完治まで1〜2ヶ月程度は要すため、固定は年末年始ともに必要になってしまいますが、しばらくの辛抱でまた走り回ることができるはずです♪

 

山本@足の小指を折った経験があり、痛みはなんとなく想像できる獣医師

体操選手!

今まで皆さんにお話ししてこなかったのですが、僕は以前オリンピック候補になるくらいの体操選手でした。

勉強会の会場に丁度良いくらいのわんちゃんのおうちがあったので、久々に昔の血が騒ぎました。

 

皆さんは危険なので絶対に真似しないで下さいね!!

 

山本@昨夜は講師の先生と夜遅くまで勉強させて頂いた獣医師

葉月会セミナー「猫の獣医学シリーズセミナー第5回「猫の糖尿病 Vol.1」に、山本獣医師・池堂獣医師・木ノ下獣医師・柴田獣医師が参加しました

雪だるま登場!

今年のクリスマス飾り付け第1号は雪だるまさんです。

 

テラスで絶賛写真撮影中です♪ご自由に一緒に撮影して下さいね、シャッターはお気軽にスタッフにお申し付けください。

 

山本@アメリカの雪だるまは三頭身だと、うちの若いスタッフに教えてもらった獣医師

Zoetis主催「ステロイド剤の表と裏 〜よくある内分泌検査の治療と診断への影響〜」に、木ノ下獣医師が参加しました

仲良し

仲良しのロッティーとウィルです。ちょっと乗せてみたら、見事にバランスをとってくれました!

 

ロッティーは時々近所の子供と戯れ合っています、うちの娘には馬のようにまたがれています(^^;;

 

ウイルは逆にスタッフと戯れ合っています、ボール投げが始まったら何時間でも続けさせられます(^^;;

 

どちらも病院スタッフの癒し系として活躍しています♪

 

山本@そろそろ病院に居候する猫が欲しくなってきた獣医師

スタッフの送別会

ノア動物病院は、今年の春から新たに4名のスタッフを迎えましたが、この夏・秋に動物看護師として勤務してくれていた、佐治・田代の2名の卒業生を出しました。それぞれ新たなステップに向け動き出しました。


2名とも当院では非常に優秀な動物看護師で、正直2人が抜けることは非常に残念でならなかったのですが、新たな旅立ちを祝おうと、なんばの焼肉屋さんで高級焼肉を振舞いました♪

そして、また新たなスタッフの加入も決まりつつあります。また皆さんにご紹介しますね。

 

山本@写真の通り、男1人だけの職場に勤める獣医師

喉頭内視鏡検査

先日「いびきが気になる」とのことで来院されたフレンチブルドッグさんの喉頭内視鏡検査を実施しました。

 

写真の画像が喉頭内視鏡検査の結果ですが、この子は「軟口蓋過長症」と言う病気が発見されました。本来、1枚目の写真で見ることができる気道が、軟口蓋(口の中の天井に相当する場所)が垂れ下がってしまっているせいで、呼吸がしづらくなっています。

 

また、さらに内視鏡を進めた画像が2枚目の写真ですが、喉頭小嚢が反転しており、これも切除を実施しなければなりません。さらに写真ではお出しできませんが、外鼻孔狭窄(鼻の穴が狭い)もあるため、これも矯正手術が必要です。

 

これらを疾患群を「短頭種気道症候群」と呼び、鼻の低いボストンテリア、フレンチブルドグ、パグ、ブルドッッグなどの犬種に比較的多い病気です。特に今回発見された喉頭小嚢の反転はある程度慢性経過を辿らないと発症しませんので、しばらく前から病気は存在していたことになります。

いびきも経過を見すぎると少し病気としては厄介になっていきます。

今回のわんちゃんは近日中にこれらを再建・切除を行います。しばらく徹底した呼吸管理が必要ですが、術後はいびきもなく快適に過ごしてくれるはずです。

 

山本@酔っ払って寝たらいびきと歯ぎしりをする迷惑な獣医師

山本獣医師がインタビューを受けました

先日、僭越ながらインターネットのポータルサイトさんより、私がインタビューを受けました。

他のインタビュー記事の先生の中には同じように肩を並べて記事が出ているのになんだか違和感を覚えるのですが、せっかくの機会なのでしっかりお話させて頂きました。

久々に初心を思い出しながらの受け答えで何だか恥ずかしかったのですが、久しく忘れていた気持ちも思い返すことができ、少し減点に立ち戻った気がします。

あまり自分から言うのもアレですが、良ければご覧ください(^^;;

 

https://petlife.asia/interview/043-1/

 

山本@ちょっと前の若い頃の写真を提出したズルい獣医師

獣医系大学にて就職説明会を開催しました

今週の火曜日より昨日まで、北海道の酪農学園大学と青森県の北里大学まで、当院の新卒獣医師採用のために就職説明会を開催しに出張してきました。

こちらの2校はこれまで何度か説明会開催に訪れており、特に青森県の北里大学は私の青春時代?を過ごした母校でもあります。

今回の説明会にもたくさんの学生さんが話を聞きに来てくれて、それぞれに進路について相談させて頂きました。若い学生さんたちは希望に溢れながらも、将来に対する不安も持っており、私の経験が進路を悩む若者の臨床を目指すきっかけになってくれればとも感じました。

なにか若い頃の感覚を思い出す出張になりました。

 

山本@青森は第二の故郷の獣医師

ESF創外固定法による骨折治療

先日来院された猫ちゃんのレントゲンですが、右の大腿骨が骨折していると言うことで、近隣の動物病院から当院へ転送されてきました。

詳しく診察すると、大腿骨の一部が皮膚を貫いている「開放性骨折」と言う状態で、傷口の中には無数の砂が入り込んでいました。。

このような骨折の場合、プレートを使った術式や髄内ピン・サージカルワーヤーを駆使した方法は感染を助長するため、用いることが難しいです。

 

そのため術式は限られてしまうため、今回はレントゲン写真のようにピンを足の外に置く創外固定と言う術式を用いています。

 

ピンの感染が非常に心配でしたが、手術からおよそ2ヶ月で充分強固な化骨が形成され、先日足に入っていたピンを抜きました。その後も問題なく歩行してくれています♪

 

 

 

骨折には様々なパターンがあり、当院でも対応可能な手術もあれば、専門的な手術を受けていただくため整形外科医を紹介もしくは当院への招聘をさせて頂くこともあります。

もちろん、手術を行わず、ギブス固定のような方法で対応できるケースもあります。

当院では最良の方法を飼い主様と一緒に考えることができればと、様々なケースに遭遇するたびに思います。

 

山本@来週は3日連続で整形外科執刀予定の獣医師

118(イイ歯)の日、キャンペーンのお知らせ

11/8(水)は何の日かご存知ですか??1・1・8で「イイ歯」の日なんです♪

そこで当院の日本小動物歯科研究会に所属する木ノ下獣医師による飼い主様向けイベントをご紹介します!

詳しくは、イベントのページをご覧下さいね!

飼い主様向けイベント

シニア応援キャンペーンを実施中です♪

台風の週末になってしまいましたね。。病院は本日も明日も通常通りの診察体制で診療を行っています。来院される飼い主様はどうぞ足元にお気をつけくださいね。

さて、2017年9月はノア動物病院ではシニア応援月間として、「ノア動物病院おすすめサンプル食餌とおやつセット」を数量限定無料配布中です!

受付向かいのテーブルに置いていますので、「7歳以上」の犬・猫の飼い主様はどうぞご自由にお持ち帰りくださいね。

全て、病気の子でも健康な子でも与えることができる食餌・おやつを私が厳選して作りました。もちろん、中身についてのご質問もお待ちしています。

健康で長生きのため、与える内容にもこだわっていきたいですよね♪

(数に限りがありますので、無くなり次第終了予定です)

 

山本@うちの子は4歳なので持って帰れない獣医師

♥ハートのおしり♥

IMG_0258.JPG

先日、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの

ハナちゃん(女の子)が来院してくれましたnote

ハナちゃんの毛は短くカットされていて

とてもスッキリsign03していましたhappy01

いわゆる「サマーカット」というものです。

そんなハナちゃんの身体チェックを・・・

「顔→首→前足→上半身→下半身→後ろ足」と順に行いました。

そして、最後に「おしり」と思って

方向転換をするとflair

 

 

IMG_0256.JPG

かわいいハートheartが付いているではありませんかsign03

全身が短いのでおしりのハートだけが浮かび上がっていて歩くとそのハートが揺れるんですheart04

可愛すぎてハナちゃんに私たちのハートは打ち抜かれちゃいましたheart01sagittarius

そして、もう1つ驚いたことに

ハナちゃんをプロデュースしたのは飼い主さんでした!!

トリマーさん並みの仕上がりにウットリlovelyです!!

ハナちゃん、またかわいい顔を見せに来てくださいねpaper

 

 

池堂@獣医師

お盆の休診と短縮診療のお知らせ

170805.jpg

マイクロサージェリー

170729_1.jpg

先日、セカンドオピニオンで来院された猫ちゃんのエコー画像です。これは尿管結石によって急性腎不全を起こしていましたcat

さらに当院に来院された段階では、身体から水分を排泄できず、胸水が貯留し呼吸困難に陥っていました。。

 

緊急で胸水を抜去し、一時的に容態を回復させましたが、本当の原因はこの尿管結石であり、これが除去されない限り全ての問題を解決出来ない状態でした。

 

ただ、この尿管結石の手術は非常に繊細で、小さな猫の身体の尿管はわずか2〜3mm程度です。これらの縫合も髪の毛の太さ程度の縫合糸を使い、通常は肉眼ではなく手術用ルーペもしくは顕微鏡下での手術になりますeye

 

難しい手術の上、腎臓の数値は検査機を振り切っており、全身麻酔のリスクは非常に高かったですが、飼い主様と色々お話しさせていただき、手術の承諾が得られましたので、先日、尿管結石摘出術を実施致しました。

170729_2.jpg

 

開腹後、ほどなく閉塞部に到達し、目的の尿石を尿管より摘出に無事成功。切開した尿管を縫合し、尿道カテーテルを配置して手術を終了しています。

振り切っていた腎臓の数値は術後5日目には基準値まで回復し、現在猫ちゃんは快適に排尿してくれています♪

 

この手の繊細な手術は難易度が高く、合併症などのリスクを伴うことがあります。今回は全て無事に切り抜けてくれました。

飼い主様もかなりお悩みになられての判断でしたが、良い手術ができ執刀医としてもホッとしています。

 

山本@顔が大きすぎて僕の目の幅に合うルーペはほとんど無い獣医師

偶然の発見から専門医療

170716.jpg

遠方から通ってくださっている、とあるミニチュアダックスさんのお話ですdog

各種検査の中で偶然にお腹の中に直径3cm程度の腫瘍のようなシコリを発見しました。

 

先日、精密検査のためにCT検査を受けていただいたのですが、周りにやや広がりを見せており、これは専門的な設備の整った、そして、専門の腫瘍科医の診療が必要と判断し、大阪府内でも私が知る最高の獣医師のもとへこの患者様をご紹介しました。

 

当院では地域の中核医療施設の役割を果たすため、様々な疾病に対応出来る総合病院ではありますが、やはり高度な技術や特殊な設備、様々な経験値が必要なケースでは、別の医療施設をご紹介することや専門獣医師の招聘を行うこともあります。

 

ちなみにですが、紹介先の獣医師・動物病院は私が知っているところばかりです。全く知らない動物病院や獣医師のもとへ当院の患者様を送り出すことは、ほぼありません。だって不安じゃないですか、、紹介する側も紹介先のことを知らずには送り出すことはできないからです。主治医だって同じです。

 

そして今回も府内では腫瘍科として私が最も頼りにしている獣医師の1人のもとへ当院の患者様を送り出しました。

患者様にとっての最高医療を受けられることを確信していますrock

 

山本@私は平凡な街の獣医師ですがたくさんの仲間がいます♪

入手困難

170710.jpg

週末は大阪でWJVF(West Japan Veterinary Forum)第8回大会が開催されましたdash

関西で最大規模の学術集会のひとつで、当院からも私を含め獣医師3名で参加し、私は主に外科の講演を、池堂獣医師は主に猫の疾病学を、木ノ下獣医師は主に歯科・口腔についての講演と実習を受けてきました。

 

各位が研鑽を重ねてきましたので、また今日からの診療で飼い主様にこれらを還元できるように努めていきますconfident

 

ちなみに、大きな学会では企業出展もあり、様々な医療機器や学術誌の展示もあるのですが、私は以前から欲しかった「局所麻酔」のDVDをゲットscissors

いつもの購入先ではすでに完売で、増版予定が無いとのことだったので、運良く手に入れることができ満足な1日になりましたdelicious

 

山本@どの分野でもレアアイテムのゲットは嬉しいものだと感じるオトコ獣医師

 

猫の飼い方

170708_1.jpg

大阪ではこの週末に大きな学会が開催されており、当院の獣医師も交代でこの学会に参加しています。私も明日は参加予定で楽しみにしていますscissors

 

さて、この春からも保護された子猫さんの診察がたくさんありましたcat

 

当院では猫を初めて飼われる飼い主様の初診も珍しくなく、当院では写真のような猫の飼い方がわかるような手作りパンフレットの配布を行っています。

これは、池堂獣医師が中心にまとめたものですが、猫の病気のことではなく、どちらかと言えば、どういう準備をすれば良いか、とか、このような物があれば便利、とか、猫って言う動物はこういう習性ですよ、と言った話が中心で、猫と一緒に暮らしていく秘訣が書かれていますeye

 

池堂獣医師が20歳を目指して!をテーマに熱く、そして厚くまとめてくれたものです。

当院受診中の飼い主様には無料配布していますので、ご希望の飼い主様は遠慮なくスタッフまでお申し付け下さい。もちろん、質問もお気軽にどうぞ

 

山本@明日の診察終了後は学会に出席するため早々に病院を出立予定の獣医師

雨のち・・・☆

今日は雨風が強い一日でしたが飼い主の皆様、わんこにゃんこ達はいかがお過ごしでしたか?

じめっと蒸し暑い日が続いていましたが、先ほどやっと雨がやみ始めましたね~と

受付の福永さんと話していると・・・

虹2.png

福永さんが虹を発見っっ☆☆

 

思わずちょうどご来院された飼い主さんと一緒に撮ってしまいましたshine

そしてこっちの方がくっきりしてます!と教えていただき、

 

虹.png

良い感じの写真が撮れましたsun

ありがとうございます!

 

雨は気持ちまでじめっとしがちですが、

虹を見ると自然と気持ちが明るくなりますね☆

見れなかった皆様も少しでも気持ちが明るく

なれますように・・・^^

 

佐治@看護師兼トリマー

眼科勉強会

170627_1.jpg

今日はお昼休みの間に医療スタッフ全員で眼科勉強会を行いました。

 

普段の診療で行う眼科検査や機材の扱い方、動物の保体方法など、点眼の製薬メーカーさんなどを交えての実習です。

普段はなかなか検査機器を使うことがない看護師も検査を行ってみたりして、眼科の検査や解剖について理解を深めました。

 

スタッフ全員の眼科スキルが底上げされたと思います、早速看護師から眼科の質問攻めに遭っていますsweat01

 

山本@診療終了後に全獣医師でやる角膜縫合などの実習を楽しみにしている獣医師

気管虚脱の手術

170625.jpg

昨夜は当院の患者さまに「気管虚脱」と言う病気の整復手術を受けて頂きました。

この気管虚脱と言う病気は日頃の診療でもよく見かける呼吸器病の1つで、アヒルが鳴くような声(ガーガー)をすることが知られています。

主にお薬や体重管理などで重症化しないように治療していきますが、放置すると窒息寸前まで悪化することもあります。

完治には手術を行わざるを得ないですが、難しいのはこの病気の手術が非常に難易度が高い点です

 

そこで今回は府内高度医療施設と提携し、この分野のパイオニアであり専門家の獣医師の先生に九州からお越し頂き、昨夜、同施設にて無事に手術を終えることが出来ましたscissors

私も手術に参加してきましたが、術後の呼吸状態は非常に穏やかで、今までの呼吸困難が嘘のようにしてくれていますnote

 

執刀医の先生曰く、「関西でこの手術を施術することはなかなか無い」とのことでした。今回は当院に繋がる様々なご縁で、このようなケースを当院の患者さまに提供できたことは誇らしく思います。

また、術後の改善を目の当たりにすると、今後関西地域にもこの術式が普及できないかものかと、1人の獣医師として今後の発展・拡大に期待を持った夜でした。

 

山本@8月に再び執刀医の先生と大阪で一緒に勉強させて頂く獣医師

パピークラス同窓会を開催しました

170611_1.jpg

5月21日、パピークラス卒業生同窓会を開催させていただきましたscissors

 

当院初めての試みでしたので、どれくらい参加してもらえるかとドキドキしていましたが、10頭のわんちゃんと20名のご家族の方々が来てくださいましたheart01

 

はじめは、持参いただいた仔犬の頃のお写真で名札作りを。色とりどりのデザインの名札が出来上がり、とっても素敵でした(^^)

続けてその名札を使い、自己紹介もしてもらいました。

その後はみんなでゲーム♪今回は「待てゲーム」「障害物レース」「グループ対抗リレー」の3種類をご用意しました。わんちゃん・・・というよりは、人間のほうが必死だったような・・・(笑)

リレーに関しては、協力プレーもあり、大いに盛り上がっていましたsign01

 

最後は皆さんで記念撮影。わんちゃんもばっちり決めて、素敵な笑顔で締めくくることができました。

今回のイベントが成功を収められたのも、参加してくださった方々のご協力があってのことだと思います。本当にありがとうございました。

 
丸山@担当動物看護師
 
 
※参加者の皆様のお顔とわんちゃんのお写真掲載の許可を頂戴しています。ご協力に感謝いたします!

手術チーム

170607.JPG

先日の月曜日に、当院で複数の動物病院の獣医師が集まっての合同手術が行われました。

非常に難易度の高い手術だったため、当院へ外科の専門獣医師をお招きしての手術だったのですが、当日は夜の10時半からの手術開始にもかかわらず、関西圏から多くの獣医師が集まっての手術となりました。

 

手術は無事に成功し、現在経過観察のため入院中ですdog

飼い主様とわんちゃんにも良い手術が提供でき、私は滅多に見られない手術を見届けることができ、またひとつ勉強になりました。

 

当院では、困難な手術症例に対しては外科専門病院への紹介や外科医の招聘を行って、幅広い外科症例に対応できるようにしていますpaper

 

山本@最近はこちらの手術チームで外科技術向上に向けて研鑽を重ねている獣医師

心臓病治療のアップデート

170528.jpg

 

昨夜は当院の獣医師全員で心臓病の勉強会に参加してきました。


僧帽弁閉鎖不全症」の初期治療について、昨年学会に報告があった大規模調査報告(EPIC Study)を検討する勉強会でした。

 

この僧帽弁閉鎖不全症は非常によく診察する代表的な心臓病ですが、数年おきに治療がアップデートされています。

 

新しいお薬の開発も進んでいますが、その使い方について見直されてきています。

 

当院でも、わんちゃんの病状に加え、飼育されている環境や食生活、飼い主様の希望を交え、それぞれの動物に合わせた治療をこれら学術的な背景をもとにご提案しています。

 

また、ひとつ、良い治療の提案が当院に加わりましたflair

 

山本@会場で以前勤めていた酒巻獣医師と偶然会い、そのまま家まで送ってもらっちゃった獣医師

往診

170521.jpg

昨日はお昼の診療の合間に、東大阪市にある近畿動物医療研修センター付属動物病院まで往診に行ってきましたdash

 

目的は、当院をかかりつけ医として長年診察させて頂いているポメラニアンのワンちゃんの診察のためです。飼い主様とワンちゃんに同行してきました。
この子は重度の気管虚脱と言う病気のため、詳しい検査や手術が必要かもしれないのですweep

 

本日の診療にて、治療の方向性を付け、もしかしたら受けて頂くかもしれない手術について準備に入ることになりました。。

 

当院ではこちらの診療施設の他に、府内では北摂ベッツセンター(旧葉月会・高度医療救急救命センター)、ネオベッツVRセンター、大阪府立大学付属獣医臨床センターなどの二次診療施設との連携を実施しています。

その他にも眼科、腫瘍科、整形外科などで特殊な対応が必要な場合は、専門病院への紹介・連携診療を行っております。

 

関西圏は様々な分野のプロの獣医師がおり、当院の患者様のバックアップをしてくれています。

 

山本@飼い主様に帯同したらお礼にお昼ご飯を差し入れ頂きココロ温まった獣医師

35周年記念特別企画を開催します!

170516.jpg

当院は今年開業35周年を迎えることができましたbirthday

 

そこで、6月18日(日)に特別企画第1弾として、「猫写真館獣医さん体験」を開催します!

 

猫写真館」では、プロのカメラマンをお呼びして、写真撮影会を実施しますcamera

猫ちゃんはなかなかベストショットの写真を撮影するのが難しく無いですか?プロのカメラマンが撮影をさせて頂きます。費用は無料ですnote

※予約制ですので、お申し込みをお願いしています

 

獣医さん体験」は、当院の獣医師木ノ下が、身体検査や聴診器の当て方など、獣医さんの体験教室を開催します。お子様もご参加いただけますので、どうぞお気軽にいらして下さい。日頃の診察時の疑問もお受けいたします。こちらも費用は無料ですnote

 

詳しい内容などお問い合わせはお気軽にスタッフまでお問い合わせくださいね。

(ポスターをクリックしていただくを大きくなります)

 

山本@35周年企画で皆様にお配りできるノベルティーを製作中している獣医師

春めいてきましたね♪

170425.JPG

病院の前のツツジが綺麗に咲いてくれましたclub

 

当院の毎年の光景ですが、すっかり春らしくなってきましたね〜

 

山本@お花が日本一似合わない獣医師sweat02

パピークラス同窓会を開催します!

170521_1.jpg

当院のパピークラスは、今日まで多くの方々に利用していただいてきました。

 

卒業された後、「そういえばあの子、どうしているかな?」と思われたことはありませんか?

今回、様々な年代のパピー卒業生が集まって交流できたら素敵だな・・・という思いから、同窓会を開催することにしましたsign01

ゲームなど楽しい企画を考えておりますので、是非ご参加ください(^^)もちろん、わんちゃんも一緒に来てくださいね♪

 

flair参加にあたっては、以下の持ち物をご持参くださいflair

one 仔犬の頃の素敵なお写真(印刷しますので、データでいただけると助かります)

two ゲーム中、わんちゃんを誘導できるもの(おやつ、おもちゃなど)

three リード

 

参加のお申込みは、来院時またはお電話でお願いいたしますsign03

なお、混合ワクチン、ノミマダニ予防などが確認できない場合、参加をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

 

皆さんのご参加お待ちしておりますconfident

 

 

丸山@担当動物看護師

 

 

 

タイトル:「パピークラス卒業生同窓会」

日付:2017年5月21日(日)

時間:14時〜16時

場所:ノア動物病院 3F セミナーホール

募集人数:15名まで(当院パピークラス卒業生のみ)

参加費:無料

遺伝子検査の発展

170418.jpg

先日、フィラリア健診時に、血液検査と一緒に超音波検査を受けて頂いたヨークシャーテリアちゃんのエコー写真です。胆嚢の検査がメインだったのですが、偶然、膀胱内に約1.5cmのポリープを発見しました。

ワンちゃんは特に血尿や泌尿器症状は無く元気いっぱいの子だったため、健康診断で早期に発見できたケースです。

 

すぐに尿道カテーテルにて細胞検査を行ったのですが、異常が発見できませんでした。ただし、この尿道カテーテル検査では異常が検出されないこともあるため、念のためにBRAF遺伝子検査を受けてもらいました。

そうするとカテーテル検査ではガンは発見されませんでしたが、この検査では膀胱癌の疑いが強く出てしまったのです。。

 

飼い主様と相談の上、先日、膀胱部分手術を受けてもらい、つい先日元気に帰って行き抜糸も終えました。

そして帰ってきた病理検査結果は、「膀胱移行上皮癌」と言う悪性腫瘍の病名でした。

 

このBRAF遺伝子検査は比較的新しい検査ですが、動物医療の中にも遺伝子検査はどんどん普及していっています。

今回もカテーテル検査では異常なしでしたが、遺伝子検査のおかげで早期癌の切除に成功できました

特に移行上皮癌が進行すると末期は非常につらい状況に動物たちは追い込まれてしまいます。

ゆえに健康診断で早期発見できたことも幸いでした。

 

獣医療の発展は、私たち街の動物病院の診療を支えてくれています。

 

山本@今日1日で10件ほど超音波検査を行った獣医師

先日の勉強会より、、、

170415.jpg

木曜日の夜は本来休診日ですが、月に1〜2回は大阪市内まで夜な夜な勉強会に参加していますdash

 

すぐに満席になってしまうHJSセミナーなんですが、早い時には4時間で完売することがある超人気勉強会ですgood

 

当院では避妊手術や去勢手術をはじめとした一般外科手術や、膝蓋骨内方脱臼、前十字靭帯断裂、股関節形成不全などの整形外科手術、脾臓摘出、胃切開、小腸吻合などの軟部外科手術、などなど、様々な手術を行っています。

 

その本当に足元の考え方だったのですが、手術の術式や予後などはもちろんこれらも大事な情報ですが、その前に手術器具の選定や手術計画など、深く考えるべき事柄を整理することができました。

今回はシリーズセミナーの第1回だったのですが、「手術」に対する概念を改めて勉強しなおす機会になりました。

 

なんにおいても。やはり基本は重要ですflair

 

山本@模擬体を使ってトレーニングに励んでいる獣医師

CAPP活動

170414_1.jpg

動物とのふれあいや相互作用から生まれる様々な効果が、医療・福祉・教育の現場で活用されています。

 

広義ではアニマルセラピーと呼ばれる活動がCAPP活動と呼ばれ、当院は診療が拡大している中でも当院の社会的な役割のひとつとして現在も月に一度の活動を継続的に続けております。

これを主催するのが日本動物病院福祉協会(JAHA)ですが、会報の中に今回30周年の記念誌が含まれていました。

 

一般の方が目にする機会が少ないもおですが、中を見ると見覚えのある顔の中に当院院長の金子の姿もありましたcamera

 

当院でのCAPP活動は主に老人介護施設を対象として、当院のスタッフならびに一般のボランティアスタッフで構成されており、毎月10名前後がこの活動に参加しています。

この活動に興味を持ってお問い合わせいただくことも多く、当院の患者様のなかからボランティアスタッフになって頂けた方もいらっしゃるくらいです。

 

我々は様々な形で動物と人のより良い生活のため、動物病院として出来ることを今後も提供し続けていこうと思います。

 

山本@介護施設に訪問に訪れると実はいつのまにか自分が癒されている獣医師

170414_3.jpg

新人教育!

170331.jpg

この春から動物看護師と看護助手が新たにノア動物病院の仲間に加わりましたscissors

 

今日は若手育成のために、兄貴肌?木ノ下獣医師がレクチャーを担当してくれています。

私の年齢ではまだまだココロは若手の域のつもりですが、パワーに溢れた後輩たちにいつの間にか支えられていますrock

 

手前味噌ですが、頼もしい後輩です。若手の成長を細い目で見守ることにしますsmile

 

山本@実年齢を言うと長いお付き合いの飼い主様でさえいまだに驚かれる獣医師

アーカイブ