ネット予約
06-6835-2022

2018年11月19日診療日誌

みなさんこんにちは。

過ごしやすい気候の秋はあっという間に通り過ぎ、季節は初冬を迎えました。

我が家ではコタツが解禁となり、2頭のネコたちが1つのコタツを巡って毎日バトルを繰り広げています。

仲良く一緒に寝てくれれば平和で安心なのですがどうも折り合いが悪いようです。

 

「ネコはコタツで丸くなる」という有名なフレーズの通り、ネコちゃんとコタツは切っても切れない関係です。

温かくて、狭くて、暗くて。コタツの中はネコちゃん達にとっては快適な場所ですよね。

以前も診療日誌に書かせていただいた我が家のココアさん(エリザベスカラーを着けると固まってしまうタイプのネコ)は、電源コードをコンセントに差した音に反応し、まだ温もってもいないコタツの中へとサササッと入っていきます。

そしてそこでじっくり、コタツ内が徐々に温もるのを待つのです。

しかし!そんなココアさんを邪魔するのは2歳年下のさくら(黒猫・♀)

「あなただけ温もるのは許さない!」とばかりにコタツへと突撃し、ココアさんを追い出し自分だけが温もろうとするのです。

さくらはコタツ内で思う存分一人を謳歌してから、今度は暑くなって外へと出ていきます。

そして無人になったコタツにココアさんがやってきて、再びそこをさくらが邪魔しに来る…というように、コタツを巡る争いはエンドレスに続いてゆきます。

 

人にとっては可愛らしい小競り合いに見えるのですが、本人たちにとってみれば真剣な戦いなのでしょうね。

我が家の冬の風物詩のご紹介でした。

 

動物看護師 松尾