ネット予約
06-6835-2022

2015年1月27日診療日誌

150127.JPG

当院では、獣医学生や看護学生、動物病院関係者、その他の動物に携わるお仕事をされている方、時にはメディアなど、多方面から見学や実習に来院いただくことがあります。

 

昨日も獣医師が2名、当院を訪ねていらっしゃいましたが、

なんと韓国の獣医さんです。

老犬介護や緩和ケア、ホスピタリティーに関して学びたいと言うことで、先日の日本獣医がん学会に合わせて来日され、当院にいらっしゃいました。

 

実はこのお二人、ものすごいビッグな方々なんですup

 

イム先生(黒いコート)は、日本獣医がん学会認定医1種に合格され、先日のがん学会にて認定医を授与されましたsign01

キム先生(グレーのコート)は、アメリカ獣医行動学専門医を取得されていますsign03

両資格ともに、自国の獣医師でさえ極めて難関な試験に合格されたスペシャリストですeye

 

お二人は韓国で高度医療施設にて二次診療に携わっていらっしゃいますが、多くの末期動物たちを診てきて、日本で行われているような終末医療・緩和ケア・ホスピタリティーが提供できる動物病院を創りたい!と言うことで当院の施設や体制について見学されました。

 

当院のパピー・しつけ・シニア犬の対応をお願いしていますPROVA代表 小椋先生と共にご案内させていただきました。

私たちの取り組みが韓国でも反映されるかと思うと、嬉しいような、背筋が伸びる思いがします。

 

山本@獣医師