ネット予約
06-6835-2022

2018年6月17日診療日誌

みなさんこんにちは。

今年も梅雨の時期がやってきましたね。

わんちゃんにとってはお外で思う存分お散歩ができず、憂鬱な季節なのかもしれないですね。

でも安心してください。今年の梅雨は割と早く明けるそうですので、じめじめ気分もそんなに長くは続かないことでしょう。

梅雨が明けるとすぐに暑い夏がやってきますので、熱中症には十分お気を付けくださいね。

 

さて、梅雨の犠牲者(?)が我が家にも。

松尾家の長老、黒猫のココアさんです。

湿気が多いこの時期、肉球の間に毎年炎症を起こしてしまうんです。

ココアさんもやはり気になるのか、舐めたくって更に酷い状態になっていくので、綺麗に洗浄して、お薬を塗ってエリザベスカラーを装着。

そうして肉球が元の状態に戻るのを見守るしかないのですが…。

みなさんのわんちゃん・ねこちゃんは、エリザベスカラーを着けるとどんな反応をしますか?

取ろうとする子もいれば、カチコチに固まってしまう子、反対に全然気にしない子もいますよね。

 

ココアさんはエリザベスカラーを着けると一気に不機嫌になり、目付きがとっても悪くなるんです。

攻撃的になることはないのですが、無言の訴えがすさまじい…(笑)

 

 

こうして背中で「はやくとってくれ…」と語りかけてくるのです。

飼い主としても早く解放してあげたいのは山々なのですが、ここはグッと我慢ですね。

早く良くなるのを願うばかりです。

きっと、ココアさんも梅雨明けを待ち遠しく思っていることでしょう…。

 

 

今回は、ココアさんの素晴らしきアンモニャイトでお別れです。

ありがとうございました(^^)

 

松尾@動物看護師