ネット予約
06-6835-2022

2019年6月11日診療日誌

先日、全身麻酔にて歯科処置を行ったミニチュアダックスさんです。

写真の通り、多量の歯石が付着しており、本人は食欲も旺盛で特に問題ないように見えますが、口臭がひどい様子です。

一般的な歯科処置、いわゆる「歯石取り」と言われる処置は、この白い歯を覆う茶色の「歯石」を除去することですが、こういった重症ケースでは、歯石を取っただけでは歯周病は完治しません見た目に白くなっただけ、なんです。

 

そこで歯の状態を知るため全身麻酔中に口腔レントゲン撮影を行うと、

このようなレントゲン写真が撮影され、歯の周りの骨が溶けてしまっていることがわかります。

 

この状況は口腔レントゲン撮影を行わない限り、正確に病状を把握することが困難です。

検査の結果、このまま歯石を除去しただけでは見た目では一時的に改善したように見えても歯周病は完治せず、いずれ膿が出てきたり、ご飯が食べれなくなったり、くしゃみが止まらなくなったり、、、最悪の場合は顎の骨が折れた、悪性腫瘍を患う可能性も出てきます。

よって、この子は多数の抜歯手術を受けていただくことになり、「歯石取り」ではなく「口腔外科手術」になりました。

 

「歯石取り」だけでは表面的な治療にしかならず、せっかく全身麻酔をかけておこなった処置も治療としては不完全になってしまいます。

当院では専用の歯科ユニットおよび口腔レントゲン装置を用いて、これら歯周病の状況を正確に把握し、治療方針を決定しています。

 

歯周病治療のご相談は随時受けておりますので、お気軽に獣医師までご相談下さい。

 

山本@先日のアメリカでの研修が現在の治療に生かされている獣医師