ネット予約
06-6835-2022

2019年3月9日診療日誌

こんにちは。トリマーの小林(中西)です。

新月が月初めになる暦が、旧暦ですね。

私は自然に近いリズムのある旧暦が好きです。毎月新月の前日に味噌を一緒に作っている仲間と集っています。

今年の旧正月は2月5日でした。その日を挟んで味噌作り合宿なるものを仲間としました。

3年前から仲間と箕面に畑を借りて、大豆を作りその収穫した大豆と、若狭湾から海水を汲んできてその海水を大釜と薪で炊き、煮詰めて煮詰めて塩を作り、味噌に欠かせない麹は、蒸したお米に麹菌をふりかけ、紙袋に小分けにして布で巻き、体に巻きつけて妊婦さんのような姿になりますが、人の体温で醸す抱き麹で作っています。

 

上の写真は塩炊きをしているところです。合宿最終日に、出来上がった塩と麹を混ぜて、茹で上がった大豆をみんなで素手で潰し、それぞれを一つのタライに集めてまたみんなで混ぜ合わせ味噌を仕込みました。

このお味噌は来年の合宿や、ペイフォアード制(誰でも無料で食べられる食堂で、次のお客さんに食べてもらえるようにギフトとして好きな金額を置いていってもいい制度。ギフトの気持ちがつながっていくサイクルです。)の食堂で味噌汁を振舞うときに使われる予定です。

毎年少しずつですが収穫量も増えています。来年はどれだけできるかな。

合宿中の食事は、参加者が持ち寄った食材のみでまかなわれます。不思議と買い足すことなく、野菜、米、果物、調味料、お茶やコーヒー、全部揃います。お餅つきもして、旧正月にはおせち料理も作りました。

小さなこどもたちから年配の方まで参加があり、ノアからも能口さんと松尾さんが遊びに来てくれました。♥。・゚♡゚・。♥。・゚

ちょーアナログで時代の流れと真逆な空間でした。時計も気にしないので時間の流れがゆっくりすぎていきます。たまには こんな時間も大切だなーと思いました。        

               トリマー看護師 小林(中西)