ネット予約
06-6835-2022

2017年1月11日診療日誌

170111.jpg

年明けからも毎日のように手術など全身麻酔処置が続いています。

 

中でも昨年から導入した「口腔レントゲン装置」と「歯科専用ユニット」が大活躍していますscissors

右のレントゲン写真は、先日、抜歯手術を行ったワンちゃんのレントゲン写真ですが、歯の根っこの部分が黒く抜けていることが分かりますか?顎の骨が溶けてしまっています。。。

しかも、これは外から口を開いただけでは分からない(診断できない)です。

 

よく、飼い主様から「自然と抜けるまで待っていて良い?」と聞かれますが、基本的に答えは「No!」です。「歯が抜ける」はすなわち「顎の骨が溶ける」と言うことです。

顎の骨が溶けるとどうなるか?最悪の場合、骨折してご飯が食べられなくなり、金属プレート設置など大手術へ発展してしまいます。

手術で治せるならまだしも、完治も望めないケースもあります。。

 

いずれしっかりご案内していきますが、歯科も非常に重要な診療科の1つです。

そして今日もお昼は猫さんの口腔治療が予定されています。

 

山本@お陰様で1/22のデンタルケアセミナーは満員御礼となりました