ネット予約
06-6835-2022

2014年6月15日診療日誌

140615.jpg

今日はワールドカップの日本初戦のためか、いつもより診療が暇です〜soccer

 

さて、1歳の猫ちゃんが眼の不快感を訴えて来院されましたcat

拝見したとこと、右眼が非常に濁っており、白眼の部分は真っ赤になています。特に明るい光を当てると非常に嫌がるそぶりを見せます。

 

我々は、このような病気に対し、外貌状の身体検査に加え、

・細隙灯検査

・角膜検査(フルオレ染色・ローズベンガル染色)

・眼圧測定

・涙液量測定(シルマーティアー試験)

・眼科超音波検査

・角膜細胞診/培養検査

などの眼科精密検査を実施します。

 

その結果、この病気はブドウ膜炎と言う眼の病気と判明しました。

 

この病気、ワンちゃんもなる病気ですが、不快感が非常に強いですdown

猫ちゃんの場合、原因としてウイルス感染症や免疫介在性、中には理由の分からない突発性と言うもののあります。

 

眼の病気は、動物たちにストレスが大きい事も多いです。先日も書きましたが、眼の症状はあまり様子を見ない方が良いこともしばしばです。皆さんもなるべく早めに受診頂くよう御願いします。

 

山本@獣医師