ネット予約
06-6835-2022
犬はり治療

近年、人と同様、獣医療においてもリハビリの重要性が注目されるようになってきました。
リハビリを行わない時に比べ回復力は格段に向上することと無くしてしまった機能を回復することもあります。

リハビリには、鍼治療、レーザー治療も駆使します。
例えば、椎間板ヘルニアの場合、治療・手術後にリハビリを実施することで、歩く・走る・階段を上がるなどの日常生活におけるあらゆる場面で活躍する運動機能の回復を促し、動物達が負担やストレスを抱えることなく、快適な生活を過ごすサポートとなります。

リハビリはどんな時に実施するの?

1.手術からの回復

もしあなたが入院しなければならない骨折をしたとしたら?
骨が正常になるまで治療を受ける、入院中は安静にしなければならないと思います。じっと入院していた為に、筋肉が弱って今までと同じように歩けないかもしれません。
この不便さをなくし、元の生活が出来るように、筋肉トレーニングや歩く練習をします。
動物達も同様、骨折をして状態がよくなったらリハビリをしてあげる事がとても大切です。

犬リハビリ

2.関節や筋肉の維持

年齢を重ねるなどで運動することが減ると、関節や筋肉が硬くなり生活に支障が出てきます。その流れを少しでも緩め、快適に過ごすように、少し動きに不安を感じ始めたときから実施します。

リハビリ例

  • 椎間板ヘルニアや末梢神経麻痺に代表される神経疾患
  • 膝蓋骨脱臼・前十字靱帯断裂・関節炎などに代表される整形外科疾患
  • 歩行や一般生活において支障が出る場合
  • いつまでも歩いて欲しい高齢動物のための関節・筋肉の運動

ノア動物病院のリハビリ施設のご紹介

ウォータートレッドミルによるリハビリ治療

トレッドミルを利用した水中運動
トレッドミルを利用した水中運動