初めて来院される方へ



動物病院ごとにいろいろ特徴があるので、はじめてのところは人間でも緊張するものです。

動物だともっと緊張してしまいます。
できることなら、あらかじめ心構えと準備をしていただくと初めての来院がスムーズに進むかと思います。

問診票

問診票
初めて受診される場合は受付にて問診票を記入、提出していただいています。
受診の前に問診票をご記入いただくことで少しでも待ち時間を少なくなるようになります。
問診票のダウンロードはこちら

状態を把握しておこう

診療には十分な時間をかけてお話をして動物の状態を把握していきますが、普段の状態やどう変化があるのかはわかりにくいものです。
来院いただく前に、普段の状態を説明できること、普段とどう違うのか説明できること、この2点をあらかじめ把握して説明いただけるようにしていただくと、診療においてとても助かります。
診察前のチェックリスト
  • □ ペット保険証(保険加入している方)
  • □ リード
  • □ 便・尿・嘔吐物→異変があるときは持参ください
  • □ 動画や画像  →「体の動きがおかしい…?」や「発作」などの症状があるときは 動画や画像があると診察がスムーズです。
  • □ 症状を書いたメモ
  • □ 他院で処方された薬や検査結果
  • □ ワクチン証明書(狂犬病・混合ワクチンなど)
お持ちいただくと便利なもの
  • □ お水(飲む用・おしっこをしたときの掃除用)
  • □ ビニール袋・ティッシュ・トイレットペーパー(粗相の後始末用)
  • □ 診察後のごほうび(病院嫌いにならない為に)

特に猫ちゃんの場合の注意事項

○必ずキャリーケースに入れて来院して下さい。
前後と上が開くプラスチック製のキャリーケースがおすすめです。
キャリーケースの上から覆うような布や袋があればベスト!安心して移動・来院ができます。猫ちゃんは知らない環境や物音に敏感なので隠してあげることで不安を軽減してあげることが可能です。

○動き回る猫ちゃんは、キャリーに入れる前に洗濯ネットに入れてあげて下さい。
慣れない病院と言う環境に置かれた際に逃げようと必死になる猫ちゃんもいます。その時に爪を折ってしまうなど、思わぬ怪我をしてしまうことがあります。時として飼い主様や獣医師も怪我を負うこともあります。事故を防ぎ安全に診察をするためには適度な動きの制限が必要です。この時に役に立つのが市販の洗濯ネットなのです。この中に入っていれば診察できる猫ちゃんもいます。

セカンドオピニオンで診て欲しい

他院での診療の引き継ぎ、専門医療施設の紹介など、現在治療中の内容について相談したい場合は、ゆっくりご相談させていただく時間を用意するために、予めお電話にて予約をお願いしております。
現在までの経過や治療内容、検査結果、投薬歴など、できる限りの情報をお持ち込み下さい。

近くに引っ越ししてきました

千里中央・千里ニュータウンは異動で大阪に来られる方も多く、関東・中部・九州・四国各地からお引っ越しされ当院を受診される飼い主様も当院には大勢いらっしゃいます。中には海外からお引っ越しされてきた飼い主様と動物たちもいます。
お引っ越し後の狂犬病予防接種の手続き(豊中市・吹田市に対応)や、継続治療など各種ご相談も承っております。お引っ越し前に主治医の先生に紹介状をお願いできる飼い主様は、予めご用意をお願い致します。

普段と同じ環境であることを心がけてください

多くの動物は普段と違う環境を怖がります。
とくに病院だと体調が悪いうえに見知らぬわんちゃん、ねこちゃんがいる状態になりますので、普段愛用している毛布やおもちゃなどをあらかじめご用意いただいて、いつもと同じ環境に近づけることが動物のストレス軽減のために大事になります。

アクセス

当院は大阪府豊中市の千里中央公園近くにあります。
駐車場は病院の北側に10台分あります。

大きな地図で見る
詳しいアクセスはこちらのページをご確認ください。
診療時間についてはこちらのページよりご確認ください。