レーザー治療

シニアメニュー

レーザー治療

レーザーと聞くと強い光のビームを連想されると思います。
ご想像のように、レーザーはとても強いエネルギーのある人工の光です。このエネルギーを獣医療に利用する事で様々な治療に役立ちます。

レーザー治療には以下のようなメリットがあります。
□止血効果が高いためほとんど出血することなく短時間で手術ができます
□電気的刺激が生じなく出血が少ない為、心臓、腎臓への負担が軽減されます
□メス等による手術に比べ、術後の痛みが1/10に減少します
□がん細胞などの排除能力を高めます
□神経再生など新陳代謝を高めるのでミニチュアダックスフントに多い椎間板ヘルニア治療にも有効です
□痛みを取るなどの作用で関節炎の治療に使用されます
□小さな腫瘍などは無麻酔で切除することが出来ます
□他の薬剤の効果を高めることが出来ます

・・・など様々な場面で役立ちます。
体への負担を軽減し、痛みも抑える事が出来るので高齢の動物には最適な治療法です。

診療の様子

レーザー治療は「鍼」や「お灸」に近いと言われています。
患部にレーザーをあてると、当てた部分がだんだん温かくなり、血行が良くなって痛みが和らぎます。
副作用もなく、動物達も気持ちよくなります。

内科療法や外科手術と併用することにより、治療の効果をさらに増強することが可能です。

レーザーを当てることによる痛みは動物にはありません。
診療の様子
診療の様子

椎間板ヘルニアの症例

椎間板ヘルニアは外科手術による減圧手術が必要な場合もあります。
術後、リハビリテーションを行うことにより回復に差が出ます。
そのリハビリテーションでは、レーザー治療も行ないます

加齢により歩行困難になった症例

レーザー治療により完全後駆麻痺から歩行機能を回復したダルメシアン
歩くことも、立つことも出来なかった動物が、
レーザー治療通院により動画のように歩行可能なまでに機能回復をしました。犬も飼主様も我々もやりがいがあり、とても嬉しくなりました。

その他の症例

骨格系疾患
跛行・慢性の疼痛緩和・関節炎・骨膜炎・骨折後の痛み・打撲・捻挫・リウマチ・筋肉痛・腱鞘炎・骨髄炎 等

皮膚疾患
創傷治療・アレルギー・慢性皮膚炎・皮膚腫瘍・フレグモーネ・アトピー性皮膚炎・脱毛症・外傷手術後の皮膚の癒合不良・口内炎・歯肉炎・外耳道炎・化膿・火傷・凍傷 等

神経疾患
前肢の麻痺・後肢の麻痺・椎間板ヘルニア・脊髄損傷・排尿障害・その他神経疾患 等

外科疾患
腫瘍切除、蒸散・歯科、歯肉疾患・止血処置・各種外科手術