ネット予約
06-6835-2022

こんにちはsign01 リハビリ担当の看護士・佐藤ですapple

 

今日は1年半前、椎間板ヘルニアで歩けなくなり、リハビリに来てくれているアスミちゃんをご紹介しますdog

 

今は自分で歩いてお散歩にも行っているアスミちゃん。一見普通に歩いているように見えますが・・・実はアスミちゃんは“脊髄歩行”という脊髄の反射を利用した歩行で歩いています。

椎間板ヘルニアの後遺症が重いと、脳からの命令が遮断されて再び自分の意思で歩けないことがあります。

 

しかし、中には脳の命令とは別の“脊髄の反射”を用いて再び歩くことができる子もいますsign01 不思議ですよねshine

これを“脊髄歩行”と呼び、リハビリによって呼び起こします。 一番効果的なのが「水中トレッドミルによる歩行訓練」のリハビリといわれていますwave

 

asumi.jpg通常の歩行と比べると足踏みなどがぎこちない印象です。でも・・・ワンちゃんからしたら‘通常の歩行’も‘脊髄歩行’も「歩いて移動する」というのに変わりはないですよねhappy01

 

アスミちゃんはリハビリを始めてから4~5ヵ月目に歩き出し、その後安定して歩けるようになるまでしばらく時間がかかりましたが、その間も飼い主さまは遠くからがんばって通ってくださいましたcar

 

この春からはリハビリの回数を減らし「いかに状態をキープできるか」を課題にしてきましたが、リハビリの間隔があいたり、お忙しくお家でのリハビリが減ると足が弱くなったり・・・と一進一退が続きましたが、この度めでたく卒業ですcherryblossom

 

お勤めしながら温浴などのリハビリをがんばったお母さん、学校と勉強の合間に排泄担当&リハビリをしてくれたお兄ちゃん、アスミちゃんのご家族に拍手ですshinehappy02

 

当院には、アスミちゃんを目指してリハビリをがんばっている子がたくさんいますclover

 

佐藤@動物看護士