ネット予約
06-6835-2022

2014年11月28日診療日誌

141128.JPG

またまた忙しい日々が続いております。今日はどうぶつ眼科専門クリニックにて、眼摘出手術に参加してきましたdash

 

実は今回手術台に上がった猫ちゃんは、眼内メラノーマと呼ばれる極めて悪性度が高い眼内腫瘍が発生した疑いが強いのです・・・

 

この眼内メラノーマは、わんちゃんでは一般的に良性病変であることが多いのですが、ネコちゃんの場合は命に関わる重大な病気に発展していることがあります。

肝臓や脾臓にも転移しやすいため、早急に眼球摘出術を行うことが推奨されています。

 

今回の猫ちゃんも両目の色(正確には虹彩と呼ばれる組織の色)が違うことや、その他、眼圧等の所見が決めてとなり、早急な手術にも飼い主様がご同意いただきましたので、専門病院にて手術となりました。

 

ちなみに、眼球摘出術は当院でも実施可能ですが、今回は専門医の手術法を学ばせていただくために、眼科専門の二次診療施設にて手術を実施しました。

方々にその手技に学ぶことも多く、自分の手術手技を見直すことができました。いつも惜しげもなく、勉強の機会を与えてくださる辻田先生並びにスタッフの皆さんにも感謝です。

 

山本@獣医師