診療日誌

夏の風物詩

最近暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

我が家ではエアコンが欠かせないものになっています。昼間は日差しが強く、夜は生暖かい風が吹いていて、なかなかエアコンを切るタイミングがありません。今月は電気代(○゚д゚)ャバィカモ・・・と思いつつ快適な空間から出ることができません(T_T) ですが、熱中症になるよりはいいなと諦めてエアコンに今年も頑張ってもらいます。

例年通りならベランダを開けて夏を過ごしていたので我が家の猫が蝉を狩る!という、夏の風物詩(?)が今年はなくなりそうです(虫嫌いの私にとってはありがたいですが)。毎年必ず蝉を狩っては口の中で弄び、最期は胃の中・・・その後何もないか心配しつつ経過観察。これを繰り返すこと10年、今までは何事もなくきているのでいいですが今年もそうだとは限らないので、今後することが無いのを祈ります。

まだまだ夏は始まったばかりで、これからも猛暑日や台風が来ると思います。皆様体調には十分気をつけて、この夏を乗り切りましょう!

動物看護師 谷澤

院内セミナー「猫の問題行動 アドバンス編」

当院では様々な学会やセミナー、勉強会にスタッフが参加していますが、全員が同じセミナーを受講するのは難しいので、その内容について情報をシェアする院内勉強会を定期的に開催しています。


今回は猫好きの獣医師と動物看護師が「猫の行動学」に関するセミナーに参加し、その内容について院内で勉強会を開催してくれました。

 

内容は非常に興味深いもので、猫の性格や生体に基づいた猫の行動学、例えば、


◯ストレスのない生活環境とは、どのようなものなのか?何を制限してはダメなのか?

◯攻撃や引っ掻き、不適切な排尿・排泄、キャリー移動の拒否など、問題行動を起こさないようにするためには、どのように飼育環境を整えるのか?

◯猫の社会化について

◯新たな猫を迎い入れる正しい手順について

など、およそこれらを知っていることで、猫との楽しい生活が送ることができるポイントを網羅した内容です。

当院も猫専門病院を併設していますが、多くの飼い主様から来院時の猫のストレスを憂慮される声があり、なかなか来院へ結びつかずに病気が巨大化・重症化してからの来院も多いです。

 

もし上記のような知識があれば猫の来院ストレスを最小限にすることができ、それは病気の早期発見・早期治療にも結びつきます。「病気」は早く対処できるに越したことはありません、それは我々人間と同じです。

 

私も長年この仕事をしていますが、非常に参考にするところが多かった院内勉強会でした。すでに猫を飼っておられる飼い主様にもぜひ聞いて頂きたい内容です。近々、飼い主様向けセミナーを開催できないか、スタッフと検討しています。

 

セミナーが決まったらまたお知らせしますね。

 

山本@動画も含めた53枚ものスライドを作ったセミナー参加スタッフに感謝の獣医師

骨折手術の手術実習を受けてきました

先週の週末、関西で最も大きな獣医療の学会の1つ、第9回 West Japan Veterinary Forumに、創外固定実習を受けるために参加してきました。

 

骨折手術の中で創外固定法と呼ばれる方法があるのですが、プレートやスクリューを用いた実習は今までもいくつか受けてきましたが、なかなか創外固定法の実習はなく、今回大阪で機会があるとのことで飛びついちゃいました。

 

私もこれまでに創外固定の手術は経験がありますが、より専門的な指導を仰ぎたく、また知識の整理もしたかったので参加してきましたが、いくつか自分の手技をアップグレードすることが出来ました。

 

9月にも私は横浜に肝臓外科の実習に参加予定で、最近はもっぱら手術手技のトレーニングを中心に研鑽を重ねています。

また来月からは、とある外科診療病院で、研修医として参加する予定です。

 

アラフォーになって、知識が定着しにくくなり老いも感じますが(^^;;そこは経験でカバー!

さらにパワーアップ出来るようこれからも勉強に励みます♪

 

山本@この週末も3日連続で日付変更まで勉強会が続く獣医師

 

7/14☆パピークラス

本当に本当に毎日暑いですね・・。

そんなうだるような暑さでも、元気いっぱいでパピークラスに

参加してくれた様子をご紹介します^^

 

今回参加してくれたのは、トイプードルのなつちゃん!

人懐っこく明るい女の子です♪

この日は1頭のご参加でしたので、色んな障害物を置いて探検☆

 トンネルも・・・・

気にせず通れました♪♪すごい!

これから出会う色々なものに、慣れる練習もしてもらいました。

 ブラシに・・ バリカン・・

恐る恐るでしたが、先輩のにおいもチェックできました^^

お母さんが上手に誘導してくださっていたので、

今後どんどんなつちゃんのできることが増えそうです♪

この顔が個人的にたまらない♥

次も楽しみにお待ちしています(*^^*)

看護師:丸山

細胞検査

動物病院では様々なシーンで顕微鏡検査を行っています。便や尿、血液塗抹検査などではごく一般的に顕微鏡検査が用いられますが、必要に応じて身体の表面のしこりや肝臓や脾臓、リンパ節など内臓器の細胞検査を行うことも多いです。

 

当院でも顕微鏡は常に誰かが覗いているくらい頻繁に使う検査器具で、順番待ちが発生することもしばしばです(^^;;

 

ただ、この検査は時に残念な結果をお伝えしなければならないこともあります。写真の細胞検査では、腫瘍(癌)が強く疑われるケースで、

こう言った細胞検査では「ライト・ギムザ染色」と言う方法を用いるのですが、結果が得られるのに最低でも30分ほどはかかる検査です。

 

迅速診断のための簡易染色方法もあるのですが、やはりシビアな判定を行うケースでは30分と言えども、待ち時間にご協力いただくケースもあります。

もちろん、判定が難しいケースなどは専門の病理医に検査を依頼することも多いです。

 

簡易診断用のディフクイック染色やライト・ギムザ染色以外にも、グラム染色やニューメチレンブルー染色、ズダン3染色、などの染色方法を当院では実施しており、可能な限り、院内で最適な治療が見つかるよう、様々なケースに合わせて多数の染色が行えうように準備しています。

 

山本@私の顔の大きさでは顕微鏡の目の幅を最大まで広げないと顕微鏡を覗けない獣医師

はじめまして

皆さんはじめまして。今年の春、新たにノア動物病院に入社した動物看護師の阿部です。今回ははじめてのブログ更新なので、少しだけ自己紹介と、愛犬の紹介をしたいと思います。

私は大分県出身なのですが、学生時代は岡山県の倉敷芸術科学大学で動物看護について学び、今はこのノア動物病院で働くために大阪で一人暮らしをしています。一人暮らし自体は大学生活で慣れていたので何ともないのですが、やはり慣れない土地で、すぐ近くに頼れる友達や家族が居ないのは少し寂しさがあります・・・。そしてそんな時、大分県の実家で飼っている愛犬に無性に会いたくなります(笑)

実家で飼っているのは、黒のトイプードルの女の子、のんちゃんです。

私が中学2年生の時に出会いました。初めは茶色のトイプードルにしようと話していたんですが、この子に一目惚れしてしまってそのまま我が家にやってきました。名前の由来は呼びやすいからです(笑)小さい頃はクッションについてるポンポンを噛みちぎったり、畳を穴掘りでボロボロにしたりとおてんばでした(^_^;)でも、のんちゃんの存在に救われたことも多々ありました。落ち込んでる時はいつもより優しくて、そっと寄り添ってくれてる気がするんです、私の勘違いかもしれませんが・・・(笑)

皆さんももしかしたら、自分の飼っている動物に助けられた、救われたなんてことがあるのではないでしょうか?私は、そんな皆さんと動物たちがいい関係で、幸せな毎日が送られるようなお手伝いが出来たらな、と思っております。まだまだ駆け出しの動物看護師ですが、皆さんと動物たちの幸せのためにも頑張りたいと思います!!

出張!

今年も恒例の青森・北海道ツアー、、、もとい、獣医系大学のリクルートツアーに行って来ました♪

 

毎回楽しみにしているこの遠征ですが、今年も素晴らしい出会いもありました。

 

青森の北里大学では懐かしの学生ホールでスライドを使ったプレゼンを実施し、あとは個別で円卓を囲みながらのフリートークです。

 

その後は近くの居酒屋はせ川さんで懇親会を開催、4〜6年生までの大勢の学生さんが参加してくれました。

しっかし学生さんはよく飲みますね〜、私も好きな方ですがもう負けます(^^;;

北海道の酪農学園大学では木ノ下先生も合流し、こちらも懐かしの焼き鳥どん兵衛さんで乾杯!

楽しい夜はあっという間に終わり、私はホテルに戻ってデンマーク戦を応援していました。

 

さて、今年の夏も大勢の学生さんの実習をお引き受けする予定です。

このブログを読んでいる学生諸君!遠慮なく問い合わせてください!!

 

山本@出張から帰って来たら風邪を引いてしまった獣医師

 

  

アーカイブ