診療日誌

獣医系大学にて就職説明会を開催しました

今週の火曜日より昨日まで、北海道の酪農学園大学と青森県の北里大学まで、当院の新卒獣医師採用のために就職説明会を開催しに出張してきました。

こちらの2校はこれまで何度か説明会開催に訪れており、特に青森県の北里大学は私の青春時代?を過ごした母校でもあります。

今回の説明会にもたくさんの学生さんが話を聞きに来てくれて、それぞれに進路について相談させて頂きました。若い学生さんたちは希望に溢れながらも、将来に対する不安も持っており、私の経験が進路を悩む若者の臨床を目指すきっかけになってくれればとも感じました。

なにか若い頃の感覚を思い出す出張になりました。

 

山本@青森は第二の故郷の獣医師

ESF創外固定法による骨折治療

先日来院された猫ちゃんのレントゲンですが、右の大腿骨が骨折していると言うことで、近隣の動物病院から当院へ転送されてきました。

詳しく診察すると、大腿骨の一部が皮膚を貫いている「開放性骨折」と言う状態で、傷口の中には無数の砂が入り込んでいました。。

このような骨折の場合、プレートを使った術式や髄内ピン・サージカルワーヤーを駆使した方法は感染を助長するため、用いることが難しいです。

 

そのため術式は限られてしまうため、今回はレントゲン写真のようにピンを足の外に置く創外固定と言う術式を用いています。

 

ピンの感染が非常に心配でしたが、手術からおよそ2ヶ月で充分強固な化骨が形成され、先日足に入っていたピンを抜きました。その後も問題なく歩行してくれています♪

 

 

 

骨折には様々なパターンがあり、当院でも対応可能な手術もあれば、専門的な手術を受けていただくため整形外科医を紹介もしくは当院への招聘をさせて頂くこともあります。

もちろん、手術を行わず、ギブス固定のような方法で対応できるケースもあります。

当院では最良の方法を飼い主様と一緒に考えることができればと、様々なケースに遭遇するたびに思います。

 

山本@来週は3日連続で整形外科執刀予定の獣医師

118(イイ歯)の日、キャンペーンのお知らせ

11/8(水)は何の日かご存知ですか??1・1・8で「イイ歯」の日なんです♪

そこで当院の日本小動物歯科研究会に所属する木ノ下獣医師による飼い主様向けイベントをご紹介します!

詳しくは、イベントのページをご覧下さいね!

飼い主様向けイベント

  

アーカイブ