診療日誌

眼科勉強会

170627_1.jpg

今日はお昼休みの間に医療スタッフ全員で眼科勉強会を行いました。

 

普段の診療で行う眼科検査や機材の扱い方、動物の保体方法など、点眼の製薬メーカーさんなどを交えての実習です。

普段はなかなか検査機器を使うことがない看護師も検査を行ってみたりして、眼科の検査や解剖について理解を深めました。

 

スタッフ全員の眼科スキルが底上げされたと思います、早速看護師から眼科の質問攻めに遭っていますsweat01

 

山本@診療終了後に全獣医師でやる角膜縫合などの実習を楽しみにしている獣医師

気管虚脱の手術

170625.jpg

昨夜は当院の患者さまに「気管虚脱」と言う病気の整復手術を受けて頂きました。

この気管虚脱と言う病気は日頃の診療でもよく見かける呼吸器病の1つで、アヒルが鳴くような声(ガーガー)をすることが知られています。

主にお薬や体重管理などで重症化しないように治療していきますが、放置すると窒息寸前まで悪化することもあります。

完治には手術を行わざるを得ないですが、難しいのはこの病気の手術が非常に難易度が高い点です

 

そこで今回は府内高度医療施設と提携し、この分野のパイオニアであり専門家の獣医師の先生に九州からお越し頂き、昨夜、同施設にて無事に手術を終えることが出来ましたscissors

私も手術に参加してきましたが、術後の呼吸状態は非常に穏やかで、今までの呼吸困難が嘘のようにしてくれていますnote

 

執刀医の先生曰く、「関西でこの手術を施術することはなかなか無い」とのことでした。今回は当院に繋がる様々なご縁で、このようなケースを当院の患者さまに提供できたことは誇らしく思います。

また、術後の改善を目の当たりにすると、今後関西地域にもこの術式が普及できないかものかと、1人の獣医師として今後の発展・拡大に期待を持った夜でした。

 

山本@8月に再び執刀医の先生と大阪で一緒に勉強させて頂く獣医師

パピークラス同窓会を開催しました

170611_1.jpg

5月21日、パピークラス卒業生同窓会を開催させていただきましたscissors

 

当院初めての試みでしたので、どれくらい参加してもらえるかとドキドキしていましたが、10頭のわんちゃんと20名のご家族の方々が来てくださいましたheart01

 

はじめは、持参いただいた仔犬の頃のお写真で名札作りを。色とりどりのデザインの名札が出来上がり、とっても素敵でした(^^)

続けてその名札を使い、自己紹介もしてもらいました。

その後はみんなでゲーム♪今回は「待てゲーム」「障害物レース」「グループ対抗リレー」の3種類をご用意しました。わんちゃん・・・というよりは、人間のほうが必死だったような・・・(笑)

リレーに関しては、協力プレーもあり、大いに盛り上がっていましたsign01

 

最後は皆さんで記念撮影。わんちゃんもばっちり決めて、素敵な笑顔で締めくくることができました。

今回のイベントが成功を収められたのも、参加してくださった方々のご協力があってのことだと思います。本当にありがとうございました。

 
丸山@担当動物看護師
 
 
※参加者の皆様のお顔とわんちゃんのお写真掲載の許可を頂戴しています。ご協力に感謝いたします!

手術チーム

170607.JPG

先日の月曜日に、当院で複数の動物病院の獣医師が集まっての合同手術が行われました。

非常に難易度の高い手術だったため、当院へ外科の専門獣医師をお招きしての手術だったのですが、当日は夜の10時半からの手術開始にもかかわらず、関西圏から多くの獣医師が集まっての手術となりました。

 

手術は無事に成功し、現在経過観察のため入院中ですdog

飼い主様とわんちゃんにも良い手術が提供でき、私は滅多に見られない手術を見届けることができ、またひとつ勉強になりました。

 

当院では、困難な手術症例に対しては外科専門病院への紹介や外科医の招聘を行って、幅広い外科症例に対応できるようにしていますpaper

 

山本@最近はこちらの手術チームで外科技術向上に向けて研鑽を重ねている獣医師