診療日誌

久々の母校へ行ってきました

170225_1.jpg

先日、久々に私の母校である北里大学獣医学部に就職説明会の開催のために行ってきました。

 

実はここ、青森県にあり、2月の真冬の訪問なんです!(期待外れに雪は少なかったですが・・・)

 

関西に住んでいるとなかなか東北に行く機会は無いですし、私も北里大学に入学していなければ間違いなく青森に住むことはなかったでしょう(^^;;

縁あって、北里大学に通うことになりましたが、久々の母校や街並みは綺麗に生まれ変わっており、時間の流れを感じました。

 

一方、古き良き時代を残る昭和の香りがプンプンしてきそうなお店や人もまだまだ健在で、懐かしい思い出に浸ることもできました。

大学に残る友人や先生方に久々の挨拶を済ませ、早々に次の目的地に旅立ちましたが、仕事の出張とは言え、5年間生活した青森の土地は第2の故郷のように感じています。

 

170225_2.jpg

就職説明会には多数の学生が参加してくれて、幾人かが長期休暇を使って当院へ見学に来てくれることも決定しました。

 

また時間を作って青森を訪れようと思います。

 

山本@北里大学出身の獣医師

院内勉強会を実施しました

170222.jpg

昨日は当院の全スタッフ参加でビジネススキルアップセミナーを開催しましたpaper

 

私たち動物病院に勤務するスタッフも一社会人として正しいビジネスマナーを持つべく、以前にもテーブルマナーを学びに阪急ホテルに行ったりしましたが、今回は医療コンシェルジュの先生をお招きして、基本的な電話対応や気遣い、名刺交換、患者様への配慮などを勉強をしました。

動物病院の多くは個人経営なので、このようなビジネスマナーについて勉強する機会が少なく、今回は色々と学べることも多かったです。それだけ自分ができていなかったのだと反省ですbearing

診療技術はもちろんのことですが、来院される飼い主様にも不安や不信を持たれぬよう、勉強を続けていきたいと思います。

 

山本@今日もこれから接遇の先生と面談の獣医師

明日は「にゃんにゃんDay」!

170221.png

本院のwebをリニューアルします

170214_1.jpg

おはようございます、今日はバレンタイン・ディですね。そわそわしている男性諸君の1人です。果たして今年もスタッフから愛情こもった?チョコは頂けるのかsign02

 

さて、現在、本院のwebのリニューアルを準備中です。

もっと分かりやすく情報が見れるように整備しています。

それに伴い、動物達の写真も一新しますので、ただいまモデルになってくれる動物達を募集中ですcamera

カメラを構えた当院スタッフがお声がけさせて頂きますので、掲載させて頂けるのであればぜひご協力くださいsign01

 

そしてモデル活動中の当院スタッフ犬のWILLちゃんですdog

 

山本@明日から真冬の青森・北海道出張の獣医師

手術機材のメンテナンス

170207.jpg

診療の隙間を見て手術機材のメンテナンスを行っています。

手術で使い器具や電気デバイスは定期的にチェックしてやらないと、いざという時に本来の性能を発揮してくれません。

先週もチワワちゃんの「膝蓋骨内方脱臼」、俗に「パテラ」と呼ばれる病気の手術を執刀しました。

その際に写真に出した最小サイズの骨のみで手術を行います。

チワワちゃんくらいの体重になると手術も非常に繊細で、術後にこの骨のみで形成した滑車溝の幅をレントゲン撮影にて測定してみると、わずか4.25mmでしたeye

 

伝統工芸士にまた一歩近づきましたdelicious

 

今も昔も変わらず膝の手術と言えば「膝蓋骨内方脱臼」が最多で、「前十字靭帯断裂」はその次に多く、これらの器具は休む暇なく活躍してくれています。

当院では骨のみはミリ単位で揃えており、各種動物の体重、骨のサイズに合わせて手術が対応できるように準備しています。

 

山本@次の整形外科は股関節形成不全により大腿骨頸部切除を執刀予定の獣医師

今週は週5で勉強会です

170206.jpg

この冬の時期は、動物病院は混雑が少なく、勉強会や学会が多い時期でもありますbook

 

数えてみたらこの1週間は週5日で勉強会に出ています。我ながら勉強熱心ですsmile

 

金曜日は免疫学、日曜日は胸部外科に関する勉強会でした。

どちらも非常に興味深い内容で、前者はヒトの医療と比較したり、現在ある腫瘍と免疫に関する治療の近未来的な話を大学教授から聞け、一方昨日の講演では胸部外科手術のコツやポイントをとても分かりやすく講師は解説して頂けました。

 

そして明日は「ハイリスク症例の全身麻酔」と題したセミナーが北摂ベッツセンター予定されています。

私はこのセミナーの委員をつとめていますが間違いなく満席になるでしょうpunch

 

資料整理に追われる毎日ですsweat01

 

山本@今年2回目の飼い主様向けセミナーの案内を送る用意をしている獣医師♪

節分の日

170205.jpg

2月3日は節分の日ということで、皆様、恵方巻きを食べたり豆まきをされたことと思いますhappy01

 

そんな日に、ノア動物病院には『可愛い2匹の鬼』が来院してくれました。

「コロ鬼」ちゃんと「モカ鬼」ちゃんです。(赤鬼がコロちゃんで黒鬼がモカちゃんです)

 

2匹とも可愛すぎて全く怖くはありませんでしたsweat02

その上、ずーっと眺めていると、あら不思議!コロ鬼ちゃんがいくら寿司に見えてきましたheart02

 

2匹の鬼で診察室は大盛り上がりnote

こんな可愛い鬼なら「「鬼はぁうち!」と言いたくなりますねlovely

 

池堂@獣医師

昨日は犬アトピー性皮膚炎の新しい食事療法について学んできました

170203.jpg

昨日は休診日と言うこともあって、夕方からスタッフ一同で大阪市内まで犬アトピー性皮膚炎の新しい食餌管理について学んできました。

 

アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎の治療管理には、食事療法が非常に大切な1つの要素で、当院でも様々な食餌管理について指導しています。

昨日の新発売の療法食は、これまでのアトピー性皮膚炎に対して防御的に働くメカニズムを食餌に配合されており、他社の療法食とは角度を変えた食事療法と言えます。

実際、これらの食事療法について治験を行った獣医師の話でも良好な反応が得られた、との報告があり、早速当院の飼い主様にも提案予定です。

 

毎日摂る食餌は健康を決める中で非常に大切ですpaper

 

山本@なにやら最近、当院の皮膚病治療が口コミが良いと言っていただいてちょっと嬉しい獣医師