診療日誌

ゴールデンウィークも通常通り診療を行っております

150427_2.JPG

GWを前に忙しい日々を送っております山本@獣医師です。

昨夜も勉強会でしたが、100名を超える獣医師が夜な夜な呼吸器疾患について講義を受けました。

帰宅は深夜12時を回って、今朝も朝から診察の傍、資料の見直しを頑張っておりますbook

 

さて5月から当院では大きな変革がありますeye

 

ついにカルテの電子化をすることになりました!

 

これにより、環境に配慮したペーパーレスを実現できるとともに、当院に蓄積された治療経験やノウハウも一括管理することができます。血液、レントゲン超音波、CT、MRI、などはすでに電子化を完了しており、これで診療に関わる情報のほとんどを電子カルテに集約できます。

 

3月からカルテ電子化にむけて裏作業を進めて来ましたが、いよいよ私の作業も佳境を迎えています。表計算ソフトと数字と睨めっこです・・・。

写真は医局の私のデスクですが、今は診療がない時間は眠い目をこすりながら2台のMacと6台のiPadに向かっていますpc

 

明日(4月28日)はこれらの作業に集中するために、私は診療をお休み頂いています。ゴメンなさいです・・・。

 

 

5月からは獣医師がiPadを片手に診察室へ参りますdash

カバーは各獣医師の好みが出ていると思いますのでチェックしてみてくださいnote

 

山本@獣医師

再会がうれしい

こんにちはhappy01

 

かわいい見返り美人のネコちゃんはエマちゃんheart04

エマブログ.jpgのサムネール画像

アメショーさんですshine

 

この日は2度目の来院で、お爪切りを頑張りましたpunch

 

先代のキラちゃんを亡くされて、ほどなくしてエマちゃんとご縁があったそうで、

また当院にお越しいただきましたhospital

 

飼い主さまを待合で見かけた時

「キラちゃんのご家族だsign01 新しい子を迎えられたんだsign03

と、とても嬉しく思いましたshine

 

というのも、

先代の子を亡くされた悲しみが大きすぎて、もう飼えないわ・・・

とおっしゃる方や

飼い主さまがシニア世代で、次の子は飼いたいけどちょっと・・・

という方も多く、

その方たちとは、もう会えなくなってしまうのがとても寂しく感じます。

 

亡くされた後、どう過ごされているかな・・・と考えます。

 

そのぶん、新しい子を連れた飼い主さまに再会できた時の喜びは、本当に大きいですshine

 

エマちゃんは保護猫ちゃんだったそうです。

これからいっぱい楽しい経験してねribbon

 

佐藤@動物看護士

歯周病治療について

当院では、歯石除去などの歯科治療には、基本的に全身麻酔下で行います

全身麻酔って怖いイメージを持たれますよね。実は獣医師も怖くないと言ったら嘘になります。

それでも全身麻酔下で処置を行わなければなら無い理由があるので、私たちはその子が許す限り、全身麻酔下での処置を実施しています。

 

最近では、トリミング施設やペットショップなどで、歯石取りの歯科処置を行われているところもありますが、獣医師の立場からはあまりお勧めできるものではありません。表面的な歯石除去は、病気を過小評価することに繋がります

 

日本小動物歯科研究会や歯科治療に積極的に取り組む獣医師は、これらの処置の危険性を指摘しています。私も基本的に同意できる内容です。

 

以下は府内でも歯科治療に積極的に取り組む獣医師のブログです。

当院から遠方の堺市の先生ですが、多岐にわたり非常に卓越した医療知識をお持ちの先生です。

先生のご許可を戴き、リンクを貼らせていただきました。ぜひご一読ください。

http://blog.livedoor.jp/animal21/archives/1835937.html

 

山本@獣医師