診療日誌

第8回日本獣医がん学会に参加してきました

130129.jpg

1月末は毎年日本獣医がん学会が開催されます。週末、診療をお休みさせていただき、神奈川県の麻布大学まで行ってきましたdash

腫瘍科の分野は数年おきに大きなアップデートが多く、外科・内科ともに新しい知見が数多く報告されます。

これはすなわち、昨日より良い診療を、皆様に提供できるようになることを意味しますflair

今回のメインテーマは「膵臓腫瘍」で、腫瘍科のなかではどちらかと言うと遭遇する機会が少ない腫瘍なのですが、実はその診断や治療のプロセスは、他疾患と比較しても非常に勉強になるものでしたpaper

 

またこの学会は、僕の同期も多く参加しており、半年に一度、各方面で活躍する同期の話を聞くだけでも刺激になりますimpact

写真は開業した同期のもとに届いた開業祝の人形です。飼い主様から似てると評判は良いのですが、僕らは全然似てね~と言って笑いのネタになっていますdelicious

 

山本@獣医師

ジュニアクラス、卒業おめでとー!

130120_1.jpg

本日、5回のジュニアクラス全課程を出席いただいた6組の飼い主様がめでたく卒業を迎えられましたhappy01

 

飼い主様はおもにしつけを中心とした青年期を迎えるワンちゃんたちとの接し方や、他の犬との関わり方など、たくさんのことを勉強されたことと思います。

 

意外と犬ってかしこいんだな、とか、何を言いたいのかわかってきた、とか、いろいろ感想をお持ちになったことでしょうconfident

 

今後の末永い愛犬との生活に、今まで学んだことが生かせることができれば幸いです。

 

130120_2.jpg

 

私から僭越ながら卒業の皆様に一言sweat01

 

『動物はただ飼うだけにあらず。そして継続は力なりrock

 

 

 

皆様、お疲れ様でした。そして、あらためて、卒業おめでとうございますsign03

 

 

山本@獣医師

画像診断はペーパーレスへ

130115.jpg

レントゲンや超音波検査、CT、MRIなどの検査を画像診断と呼びます。

特に後者の検査は都市圏では普及が進み、おおよそ一般的になりつつある検査です。

 

当院でもこれらの検査を実施することはしばしばですが、最近ではフィルムや写真などはペーパーレスになり、デジタル化が進んでいますpc

当院でも最近が画像診断の説明に、iPadや大画面のMacを使用し、時代の流れに合わせエコに取り組んでいます。

 

今後は動物病院でもカルテも電子化され、どんどん紙の媒体が減っていくと思われます。

獣医学の発展の裏には、こんな技術の発展も我々を支えてくれています。

 

ちなみに画像はウエルシュコーギー10歳の男の子。年末に肝臓に腫瘤が発見され、先日摘出を行いました。経過も良好で本日退院ですscissors

 

山本@獣医師

あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございますup

 

長らく更新が止まっていまして申し訳ありませんsweat01

 

昨年12月からはなかなかパソコンの前でゆっくり仕事ができる時間が取れず、更新が滞っておりました。。

 

新年は1月4日から診療を始めましたが、昨日の週末もたくさんの患者様にご来院いただき、また最初の週末にもかかわらず、パピークラス・ジュニアクラス(しつけ教室)にも多数ご参加をいただきました。

 

早いもので、当院も現在地に移転後3年目に入ります。

今年もノア動物病院をよろしくお願いいたしますconfident

 

スタッフ一同