診療日誌

CT検査 MRI検査

120526.JPGCT検査やMRI検査と聞くと、非常に高度な検査のように聞こえますが、昨今の獣医療では撮影により診断可能な病気も増え、当院でも撮影を実施する件数は年々増加しています。

改めて、検査のデータを整理していると、ファイルブックが満タンになっていることに気付きました。ここ数年で100症例を超える撮影を行ったことになります。

思えば、ミニチュアダックスフンドの椎間板ヘルニア、ウェルシュコーギーの脊髄疾患、小型犬の脳疾患、腹部巨大腫瘍などなど。いろいろなワンちゃん・ネコちゃんと飼主様との思い出がたくさん詰まっています。

今後も撮影を実施する機会はどんどん増えていくと思います。同時にこれらの検査のような全身麻酔に頼らずできる検査も近年充実してきています。当院でも超音波検査や血液検査の装置は動物医療の中では最新鋭を取り入れました。

日常、遭遇するような嘔吐や下痢のみならず、治療困難な症例にも対応できる幅広い技術と知識を有した動物病院に日々近づいてきているのかな、と感慨深くファイルブックを眺めていました。

 

山本@獣医師

東京スカイツリー

120523_1.jpg矢野動物看護士がお休みを頂いて東京スカイツリーに行ってきたそうですdash

初日の開業と違って快晴となり、転機には恵まれて、遠くまで見渡せましたsign01と写メールが届きましたcamera

今からお土産(話)が楽しみですsmile

 

山本@獣医師

フリスピー犬のリオくん

120521.JPG朝一番、お昼休み、診療終了後にノア動物病院の駐車場にて、ほぼ毎日見れる光景ですnote

若さとパワーを使っても使っても余ってしまうリオくんです。駐車場は彼専用のドッグランとなり、佐藤さんのフリスピーをキャッチしまくりですdash

写真に収めようと何枚かチャレンジしてみましたが、こう言う写真って難しいっすねぇ~despair何とかキレイに撮れたのがコレです。中を浮いてるでしょsign01

しかしボーダーコリーの運動量は半端ないですね~rock僕にはついていけないっす。

 

山本@獣医師

 

New Face!

120514.JPG2012年4月より、新しい獣医師の先生を迎えることになりましたgood

北海道の酪農学園大学出身の日置正邦先生(写真左)です。

(写真右はおなじみ酒巻先生です)

京都の動物病院で診療経験を持ち、声のデッカイ、男らしい先生です。

仲良し?チャリ通2人組みの先生で写真撮りました、これからたくさん活躍してもらいますscissors

皆様よろしくお願いします。

 

山本@獣医師

 

 

猫の膵臓腺癌

120513.JPG以前から当院に通院していただいている11歳のペルシャちゃんのお話ですcat

ペルシャ猫などの長毛種の猫ちゃんは怒ると非常に気性が荒い子が多いのですがcoldsweats01、この子は採血も注射もレントゲン検査にも大人しく、スタッフからも大人気の猫さんなんです。先日、急に食欲が無くなって様子がおかしいとのことで来院されました。

 

各種検査の結果、お腹に水が溜まっている腹腔内液体貯留と言う状態でした。お腹に水をためる病気はたくさんありますが、往々にして“悪い”病気が多く、この子も即日で精密検査となりました。

 

各種検査の結果、腹膜炎を起こしていることが判明し、緊急の開腹手術を実施しました。そうしたらところ、膵臓付近で炎症像が視認できたため、一部を採材し、病理組織検査へ送りました。

その結果、膵臓腺癌の疑いが強いことが判明しました。

動物医療に置いても膵臓は治療が難しい臓器として認識されており、比較的よく遭遇する急性膵炎・慢性膵炎でも同様なくらいです。膵臓腺癌については、効果的な治療は現在の獣医療ではまだわかっておらず、残念ながら治療の手立てがないのが現状です。。

幸い、このペルシャ猫ちゃんは症状は軽く、食欲なども内科治療により回復しています。余命は決して長いとは言えないのですが、一緒に入れる時間を少しでも穏やかで楽しい時になるよう、精一杯お手伝いしていきます。

 

山本@獣医師

 

P.S.ペルシャ猫の飼主様、手作りチーズケーキ、ホントに美味しかったですnoteあっ、と言う間に無くなりましたhappy02ありがとうございましたsign01

2件同時緊急手術!

120511.JPG先日の珍しい事件な日。

異物誤食のため、胃切開手術を同時に2件行いました。避妊手術や去勢手術と違い、全く同じ手術が同じ日に重なることは珍しいですpaper

1頭は下痢のシーズーちゃん、もう1頭は元気モリモリのラブラドールレトリバーちゃんです。各々、歯磨き用ガムとゴム製ボールの誤食です。

実は2頭とも、レントゲンを確認するまで異物の誤食がはっきりしませんでしたが、各々のレントゲン撮影の結果、通常とは異なる陰影を胃内に確認できたため、それぞれ開腹・胃切開術となりました。

異物の誤食は基本的に手術は早いに越した事はありませんなるべく早急に手術を実施した方は術後の経過は良好です

特に、腸閉塞などを起こすと、数日の転機の後、死亡することも多いです。

 

2頭とも順調に回復しております。週明けの退院目指して、入院舎の隣どうし野部屋で頑張ってくれていますwink

 

山本@獣医師

土曜日の午後の診察を始めます!

いつもノア動物病院をご利用いただき、ありがとうございます。

 

さて、この5月より、土曜日の午後の診察を開始することになりましたconfident

 

土曜日の午後の診察時間は他の平日と同様、午後4時30分から7時までとなります

これまで、週末の診察は大変混雑することが多く、皆様にはご迷惑をおかけしておりましたが、今後は土曜日の午後の診察時間もご利用いただけるようになります。

 

各獣医師も診察に当たります。詳しくは、診察時間、または、担当医スケジュールをご確認下さい。

衝動買い・・・

120501.JPG基本的にほとんど衝動買いってなことをやらないのですが、先日、電気屋さんに行ったときにやっちまいましたgood

僕の中でゲームは初代のプレイステーションから止まっていまして、最近のゲームはほとんどやったことがなく。。

大の大人(身長183cmのヒゲおっさん)が店員さんに「何買えばイイの?」と聞く始末。

色々聞いたり、試してみたりして、最終的にWiiを買ってしまいましたhappy02

ギリギリまでプレステ3+海賊無双の組み合わせで迷いましたsweat01

 

山本@獣医師