診療日誌

収穫!

101019.JPG診療の傍ら、お昼休みに病院付属農場(笑)にてサツマイモを収穫しましたsign01

院長が病院を移転した後、約半年かけて育て上げました。いや、しかしこんなに大きいのが最初から獲れるとはビックリ。これは近日中にスタッフのお腹の中に入る予定ですcatface

山本@獣医師

ドラマは見られました?

101018.jpg皆さん、昨日のドラマは見られました?私は実は言うと、、、見てしまいましたscissors

ちょっと演出が過剰なところはありましたがsweat01ある程度は我々獣医療が抱える問題点をいからか明らかにしてくれていました。

ドラマになると、どうしても動物愛を中心に描かれることが多く、その裏に隠れている現実から遠く離れるため、どうも見る気がなくなってしまうというか。。。そういった点では、これまでの獣医さんドラマにはなかった点かもしれませんねpaper

今後の展開に期待したいと思いますconfident

 山本@獣医師

P.S.ちなみにですが、本来は「獣医」ではなく「獣医師」と書くのが正しい表記です。TBSさんにはその辺も頑張って欲しかったなdown

CAPP活動勉強会

101012_1.JPG先日、当院3Fセミナールームにて一般の飼い主様を対象にCAPP活動勉強会を実施しました。

JAHA(日本動物病院福祉協会)が動物病院を中心として推進するアニマルセラピーを総称して、CAPP活動と呼んでいます。高齢者施設、病院、学校などを訪問し、動物の持つ温もりや優しさにふれて頂くボランティア活動です。ボランティアに参加するのは各家庭で家族として幸せに暮らしている動物たちです。

これらについて深く知っていただく機会を用意させていただきました。おかげさまで当日はたくさんの飼い主様に集まっていただき、またこの勉強会を支援していただくためにボランティアスタッフの皆さんやボランティア犬も集まってくれました。

このような勉強会を通じて少しでもCAPP活動に対する理解が深まればと思います。

山本@獣医師

答えの発表!

101010.gif答えは、「ボルゾイ」でしたsign01

まだまだ幼い顔でしたdogだんだん大人の顔になっていくんでしょうーねーcatface

最近は大型犬の飼い主様のパピークラス参加も増えてきました。ぜひパピークラスやしつけ教室に参加して欲しいですねnote

 

ちなみにパピークラスは生後5ヶ月齢以下が対象です。大人になる前の時間が非常に大切なんですsign03

子犬を迎えられたら、ぜひともパピークラスに参加してみてください。これはホントにおススメですsign03

 

山本@獣医師

問題です!

101006.JPGさて、このワンちゃん。犬種がわかりますかsign02

 

ヒント1・・・生まれたのは2ヶ月前です。

ヒント2・・・女の子です。

ヒント3・・・柔らかい毛並みです。

 

答えは次回の診療日誌更新でsign03

 

山本@獣医師

イイお・し・ら・せ♪

101004.jpg当院の窓口精算では、アニコム損保アイペットクラブの2社に対応しています。負担割合に応じて、窓口でのお支払額が軽減されます。

さて、この10月より、アニコム損保の保険使用限度回数が撤廃されました。今までは通院による保険適応が年20回まで、入院による保険適応が年20日まで、手術による保険適応が年2回までと制限されていましたが、この回数が無制限となりました。

これにより、再診回数の多い疾患でも保険の限度回数を気にすることなく診察に来ていただけると思います。

以上、ちょっとだけイイおしらせでしたnote

山本@獣医師