診療日誌

大規模臨床調査

100729.jpgワンコdogの心臓病の最多第1位は「僧帽弁閉鎖不全症」と呼ばれる疾患です。心臓内の4つの弁のひとつに隙間が生じることにより、血液が逆流を起こす疾患です。

初期は全く症状がないため、ほとんどの飼い主さんが気付かれることなく進行し、健康診断やワクチン接種時の聴診などで偶然発見されることが多いのも特徴です。主に小型犬種に多く、チワワ、マルチーズ、シーズー、ミニチュアダックス、キャバリアなどで診断する機会が多いです。

この病気の治療には主に血管拡張薬が古くから用いられています。人の医療においても同様の内服薬が処方されていますが、今回、お薬の効果について大規模な臨床調査が行われることになりました。

そこで、当院でもこの調査に参加することになりました。多くの病院が参加することにより、より効果的な処方ができないか、さらに検討することが出来ます。結果が待ち遠しいですpaper

お昼ごはん

100728.JPG当院には他の病院に劣る弱点がありますweep実はお昼ご飯を食べる所が少ないんですsign01

私なんか5年以上、コンビニ弁当にお世話になっています。もう食べつくしましたよ、新作の弁当が出る曜日まで覚えましたpaperしかしもうカラダはきっとボロボロかもcrying

そんな私たちを毎週助けてくれているのが配達をしてくれているコロッケ屋さんのお弁当です♪毎週、決まって注文を入れています。毎月新メニューが登場するので楽しみにしていますscissors

当院まで配達していただける仕出し屋さんやお弁当屋さん、募集中ですdash

トリミングのご予約、ありがとうございます!

100721_1.JPG本院を移転してから約半年が経過しましたが、おかげさまでトリミングサービスをたくさんの飼い主様に利用していただいておりますhappy01

受付にはトリミングの流れを写真で説明したボードを設置しています。またトリミング中にDVD上映もしています。こちらをご覧になられてご予約される飼い主様も多いです。

特に我々動物病院に併設されるトリミングサービスの大事なところは、病気や高齢のワンちゃんでもトリミングを受けていただく、と言うポイントです。病気を抱えた動物たちは一般的な美容室では受けていただけないことも多いです。

特に皮膚疾患を抱えている動物のシャンプー選びはなかなか奥が深いんですよ。その他、心疾患を抱えている動物は興奮や血圧上昇が危険な状態を呼び起こすことがあります。

こういった動物たちも私たちがフォローできればと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100721_2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院でトリミングを受けた動物たちですnote

金子獣医師のお休みのお知らせ

【お知らせ】

今週末の日曜日と月曜日(祝日)は、金子獣医師は東京での勉強会に出席するため、外来をお休みさせていただきます。予めご了承下さい。

クッシング症候群

100713.jpgクッシング症候群と言う病気をご存知ですか?

犬の代表的な内分泌(ホルモン)性疾患のひとつで当院にも多数の患者さんが通院されています。副腎皮質から分泌されるコルチゾルと呼ばれるホルモンが異常分泌される疾患ですdog

なぜか最近当院に来院される患者さんが増えており、特にシーズーに多い傾向があります。いくつかの血液検査やレントゲン検査、腹部超音波検査により確定診断されます。治療は主に内服によることがほとんどで、良好な経過を辿れば順調に日々の生活を送れます。

しかし、この病気の怖いところは合併症を引き起こすことですbearing

クッシングを患っていても一見は元気で、お水を飲む量やおしっこの量が増えたり、脱毛症やお腹がぽっこり出てくるなどが症状として挙げられますが、普通は気付かれないことが多いです。

様子を見るうちに少しずつ進行し、気がついた頃には糖尿病膵炎などの合併症に陥っていることがあります。また稀ではありますが、腫瘍を発症しているケースも存在します。

「お水の飲む量が増えた」「ハゲができた」などは、ほんの些細な変化ではありますが、大きな病気に繋がっていることがあることは皆さんも覚えて置いて下さいねthink

7/11(日)は学会出席のため、午前11時までの診療です

oshirase.jpg【お知らせ】

7/11(日)は学会に出席するため、午前11時までの診療となります

診察にお越しになられる患者様は診察時間にお気をつけ下さい。

また前日の10(土)も含め混雑が予想されます。お時間に余裕を持って来院していただきますよう、お願いいたします。