薬浴

特長

薬浴・メディカルシャンプーは、動物病院として本当にトリミングが必要な動物たちの為のものです。
慢性的な皮膚病のためスキンケアが欠かせない整形外科や神経外科疾患を患っている高齢で足腰が弱い心臓などに病気があって一般のサロンにお願いするのが心配な動物たちに対し、獣医師診断の下、介護を付けて、動物病院ならではのシャンプーカットケアを行ないます。

動物たちの体を清潔に保つことは、病気の早期発見、予防など健康管理にとても大切です。
そして、皮膚病の治療には、獣医師の診断の下、シャンプー剤を選び、薬浴することがとても大切です。
当院での美容・薬浴には、オゾン水+ナノバブル温浴またはシャワーを標準に使用します。
薬浴イメージ
薬浴イメージ
薬浴イメージ

設備

オゾン水
体に害のない殺菌・脱臭。
余分な皮脂を分解・洗浄しふんわり仕上げます。
被毛を守り、タンパク質の流失を防ぎ、キューティクルの剥がれを抑えます。
皮膚の再生を活性化、湿疹の改善・予防シャンプー後の汚れのつき方に差が出ます。
オゾン設備
オゾンの構造図
ナノバブル温浴またはシャワー
ナノ(10億分の1)バブルとは、マイクロバブルより小さな気泡のことです。温浴時オゾン入りのナノバブル500nm以下~数10μmの泡が約10億個 / リットル。
この気泡は毛穴の中まで入り込み、通常では取れない汚れを落としてくれるのです。
この気泡には、その他、免疫力を高めたり、リラックス効果もあります。

ナノバブル温浴について
ナノバブル温浴について
シャンプー剤
皮膚の状態により獣医師の処方が必要な薬成分の入ったものを使用します。

ご利用条件

当院の薬浴・トリミングを受けるには、事前に診察が必要です。

皮膚病の治療や介護が必要など、動物病院での薬浴・トリミングが必要と判断された動物たちのみ、お引き受けしております。病気の動物達を優先するため、基本的に健康な動物達は当院での薬浴・トリミングをお引き受けできません。予めご了承ください。

重たい病気をお持ちの動物達や、後駆麻痺など介護が必要な動物たちは、別途で介護料やICU管理費用を承ることがあります。

衛生・安全管理上、ワクチン接種とノミマダニ予防をされている方のみ予約をお受けしております(他院でワクチン接種を終えている場合はワクチン接種証明書を必ずお持ち下さい)